Showing all 12 results

  • Hans J. Wegner GE290 High Back Oak with Ottoman(201903B)

    ¥428,000

    ハンス・ウェグナー GE290 ハイバックチェア オーク

    1953年にウェグナーによってデザインされたGE290。
    飽きのこないシンプルなデザインと高い安楽性から
    大変人気の高いモデルで、年々市場価格が上昇しております。

    イギリス製、ROMO Linaraというコットンリネンの上質な生地にて張り替え済み、
    内部ウレタンも交換済みです。

    こちらはオットマンがセットとなっておりますが、

    最近では、オットマン単品では市場に出回らず、
    また、出ても本体に近い高額で取引されております。
    後々にオットマンも検討されるようでしたら
    ぜひ、セット購入をオススメいたします。

  • Hans J. Wegner GE290 High Back Oak with Ottoman(201903)

    ASK

    ハンス・ウェグナー GE290 ハイバックチェア オーク

    1953年にウェグナーによってデザインされたGE290。
    飽きのこないシンプルなデザインと高い安楽性から
    大変人気の高いモデルで、年々市場価格が上昇しております。
    こちらはオーク材を使用したモデルで座と背はスプリングタイプ、
    オットマンはポケットコイルタイプになります。

    290、オットマン共にGETAMA社の刻印がしっかりと残っております。

    Kvadrat社製 Hallingdal65 #368にて張り替え、内部ウレタンも交換しております。
    状態は目立った傷もなく、非常に良いヴィンテージコンディションです。

    こちらはオットマンがセットとなっておりますが、

    最近では、オットマン単品では市場に出回らず、
    また、出ても本体に近い高額で取引されております。
    後々にオットマンも検討されるようでしたら
    ぜひ、セット購入をオススメいたします。

  • Hans J. Wegner GE370 & GE375 Ottoman Oak (201903)

    ¥98,000

    ハンス・ウェグナー GE370 & GE375 オットマン

    GE370やGE375のオプションとして販売されていた
    GETAMA社製オットマンです。

    これまで扱ってきた同オットマンと比較すると、
    参考までに、370の前に配置してみましたが、

    若干脚が短いようで、特注なのか、
    もしくは少しカットされている状態なのかの判断がつかなかった為、
    お安く設定させて頂きました。

    本革レザークッションは2年ほど前に日本にて作成した物となります。

    単体での販売はなかなかございませんのでこの機会にご検討下さい。

    サイズはW:71 x D:42 x H:40(cm)

    GETAMA社製を証明する刻印とシールも残っております。

    現在お使いの370、375に合わせ、別途生地の張替えも対応可能ですので
    お気軽にお問い合わせ下さい。

  • Hans J. Wegner GE375 with Ottoman Dark Blue(201805B)

    ASK

    ハンス・ウェグナー GE375 オットマンセット

    GE375は見た目のカッコ良さ、
    汚れやすいヘッドレスト部分は独立し、外してメンテナンスが出来る他、
    接合部を逆転させ、頭の高さを変更が可能。
    肘のアームは広く水平なので、飲み物を置く程度のテーブルとしても使う事ができ、
    また、外して複数連結して使用する事が可能です。
    ウェグナーらしい機能美にも溢れたモデルになります。

    メンテナンスに関しましてですが、
    生地はリバコ社トラッドにて張替え、内部ウレタンを交換、
    座面のウェービングテープも新規に張り直しましたので非常に快適にお使い頂けます。

    GETAMA社製を証明する刻印もしっかりと残っております。

    GE375は下記書籍にも掲載されております。

    ハンス・ウェグナーの椅子100 (コロナ・ブックス) 単行本 – 2002/10
    掲載ページ : P132

    北欧スタイル No.3 ハンス・J・ウェグナーのことが全部わかる本 – 2003/12
    掲載ページ : P554

    新潮社 (2007/03) 名作椅子大全―イラストレーテッド 大型本 – 2007/3 織田 憲嗣 著
    掲載ページ : P554

  • Hans J. Wegner GE240 GE260 GE270 Ottoman

    ASK

    GE240 GE260 GE270 オットマン

    GE240、GE260、GE270といった、
    ウェグナーの数の少ないラインナップに使われていたオットマンになります。

    座面裏にGETAMA社製を照明する刻印も残っております。

    ウェグナーのオットマンは単体で入手する事が非常に困難で、
    オットマン単体でも世界的に結構なお値段となってしまうことが多いです。

    このタイプのオットマンはチーク材、オーク材、アフロモシア材の
    3パターン見たことがあるのですが、
    こちらはアフロモシアという材質で作られており、
    チーク材に近い事からアフリカンチーク、アフロモシアチークとも呼ばれております。
    チーク材はまだ非絶滅の木材なのに対し、アフロモシアは現在、絶滅危惧種に指定され、
    非常に希少な木材となりました。
    年々単体での入荷が非常に難しくなっておりますのでぜひこの機会にご検討下さい。

    クッションはウレタンのみで形成されており、
    現地デンマークからの張り地そのままとなっております。

    別途費用となりますが、お好みの生地にて張替えさせて頂く事も可能です。

  • France & Daverkosen Stool(201805)

    ASK

    France & Daverkosen社製のスツール、オットマンになります。

    こちらのスツールは同時期にFrance & Daverkosen社から販売された
    Arne VodderやGrete Jalkのチェアでも同じオットマンを使用されている事が多くみられ、
    同社付属のオットマンとして販売されたものでは無いかと思われます。

    France & Daverkosen社製を証明する刻印、メダリオンもしっかり残っております。

    メンテナンスに関しましてですが、
    人気の高いKvadrat社、Hallingdal65にて張替えさせて頂きました。

    また、現在同じ生地で張り替えたFinn Juhl FD133 SpadeChairも販売しております。

    セット販売でお値引きも検討しておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

  • Arne Jacobsen Vintage Egg Chair with Ottoman

    ASK

    アルネ・ヤコブセン ヴィンテージエッグチェア オットマンセット

    1958年にArne Jacobsenによってデザインされ、
    今でも当時と同じFritz Hansen社から販売されている代表作です。

    こちらのEgg Chairは初期の、通称「Vintage Egg」と呼ばれる
    リクライニング機能が付く前のモデルで、脚部の金具に特徴がございます。

    市場に出てくる事が少ないヴィンテージエッグ、
    かつ、オットマン付きのセットで出ることはなかなか無く、
    同等のコンディション、レザーで揃えられる機会は稀かと思います。

    ご覧頂いたお客様によく驚かれるのですが、
    硬質発泡ポリウレタンで形成されているので非常に軽く、
    1人で持ち上げられるほどです。

    当時の革そのまま、使い込まれた革が非常に良い味となっております。

    一つ残念なのですが、
    クッション部分は良いので座り心地は悪くないのですが、
    過去に取り扱ったヴィンテージエッグにも多く見れらた、
    宿命とも言える内部ウレタンの硬化が見られ、
    座る時に触れない部分等に 押すと硬い場所がございます。

    座り心地はまずまずの状態、
    ただ、新品では出せない 時と共に変化した革の見た目の美しさを優先したく、
    張替えはせず、一度この状態での販売をさせて頂こうと思いました。
    その為、市場価格に比べ、抑えめの価格設定での販売となっております。

    メンテナンス、張替え等々、ご相談は可能ですので
    是非お気軽にお問い合わせ頂けましたら幸いです。

  • CADO FD Stool(201806)

    ASK

    CADO社製のスツール、オットマンになります。

    こちらのスツールは同時期にCADO社、France & Daverkosen社から販売された
    Arne VodderやGrete Jalkのチェアでも同じオットマンを使用されている事が多くみられ、
    同社付属のオットマンとして販売されたものでは無いかと思われます。

    CADO社製を証明する刻印、メダリオンもしっかり残っております。

    木部のメンテナンスを行い、レザーは当時オリジナルのように見え、
    ヴィンテージのレザーの風合いを好まれるお客様も多数いらっしゃるため、
    現地デンマークから入荷した状態のままとさせて頂きました。
    一箇所、切れてる部分ございますが、別途新規に張替えさせて頂く事も可能です。

    また、現在同等のコンディションで入荷しましたFinn JuhlのJupiter Chairも販売しております。

    セット販売でお値引きも検討しておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

  • Borge Mogensen Model 2254 with Ottoman

    ASK

    ボーエ・モーエンセン Model 2254 オットマンセット

    正面からみるとモーエンセンらしい直線的なデザインですが、

    サイドから見ると背もたれの綺麗な曲線が見えるように、
    座り心地もしっかりと考慮されております。

    また、フレームにストッパーがついており、
    リクライニングが可能となっており、

    取り外し&高さ調整可能なヘッドレストと合わせてゆったりと寛ぐ事が可能です。

    木部の接合部にもこだわりが見られます。

    座面、背面のクッションはレザーで繋がる仕様になっており、
    姿勢を変えてもズレにくく、これにより安定した座り心地が約束されております。

    Fredericia Stolefabrik社のシールも残っております。

    生地をリバコ社、トラッドにて張替え、木部もメンテナンスさせて頂きました。

  • Hans J. Wegner GE375 with Ottoman (201710)

    ASK

    ハンス・ウェグナー GE375 オットマン付き

    GE375は見た目のカッコ良さはもちろん、
    汚れやすいヘッドレスト部分は独立し、外してメンテナンスが出来る他、
    接合部を逆転させ、頭の高さを変更が可能。
    肘のアームは広く水平なので、飲み物を置く程度のテーブルとしても使う事ができ、
    また、外して複数連結して使用する事が可能です。
    ウェグナーらしい機能美にも溢れたモデルになります。

    コンディションは特に目立った傷等無く、
    全体的に良いヴィンテージコンディションとなっております。

    クッションは現地デンマークからの物となりますが、こちらも状態は良好。
    ご希望ございましたら別途費用にて張替えも可能で、
    多種多様な記事を取り揃えておりますのでぜひご相談頂けましたら幸いです。

    オットマンにGETAMA社の刻印、シールが残っております。

    下記書籍にも掲載されております。

    ハンス・ウェグナーの椅子100 (コロナ・ブックス) 単行本 – 2002/10
    掲載ページ : P132

    北欧スタイル No.3 ハンス・J・ウェグナーのことが全部わかる本 – 2003/12
    掲載ページ : P554

    新潮社 (2007/03) 名作椅子大全―イラストレーテッド 大型本 – 2007/3 織田 憲嗣 著
    掲載ページ : P554

  • Poul Jensen Ottoman

    ASK

    こちらのオットマンは詳細がよく分かっておらず、
    Poul Jensenによるデザインであるという情報があるのですが、
    実在する人なのか含め、様々な議論がされているミステリアスで面白いオットマンです。

    引用 : design addict | Does a Danish furniture designer “Poul or Paul Jensen” really exist?

    材質はチーク材、作り、機能もしっかりしておりますが、
    上記理由から安い価格でのご提供となります。

    見た目がハンス・ウェグナー作品との相性も良く、
    GE290、GE270等のオットマンとしてお使い頂くのもオススメです。

    メダリオンもございますので、後々、詳細が分かってくるかも知れません。