Showing 1–12 of 554 results

  • Kai Kristiansen Model 42 Chair Black Leather & Rosewood Set A

    ¥258,000

    カイ・クリスチャンセン 42チェア ローズウッド&ブラックレザー 2脚セット
    ※価格は2脚セットでの価格となっております。

    No42チェアは彼の作品の中でも非常に人気の高いモデルです。
    特徴的なのは肘と、

    肘から伸びる後脚が下に向かうにつれ、内側に狭くなるようデザインされ、

    正面から見ても脚のバランスが美しいです。

    角度によって、座面レザーが少し白く見えてしまう箇所がございます。

    メンテナンスに関しましては
    現地デンマークから張られている本革をそのまま使っておりますが、
    座面の中材は全て交換しておりますので快適にお使い頂けます。

    今回4脚入荷したのですが、
    レザーの質がシボあり(凹凸のあるレザー)タイプと、ツルッとしたタイプのレザーに2脚ずつ別れておりましたので

    2脚ずつのセットにてご提供させて頂きました。

    木部仕上げもそれぞれ異なります。

    詳細はお問い合わせください。

  • Kai Kristiansen Model 42 Chair Black Leather & Rosewood Set B

    ¥258,000

    カイ・クリスチャンセン 42チェア ローズウッド&ブラックレザー 2脚セット
    ※価格は2脚セットでの価格となっております。

    No42チェアは彼の作品の中でも非常に人気の高いモデルです。
    特徴的なのは肘と、

    肘から伸びる後脚が下に向かうにつれ、内側に狭くなるようデザインされ、

    正面から見ても脚のバランスが美しいです。

    メンテナンスに関しましては
    現地デンマークから張られている本革をそのまま使っておりますが、
    座面の中材は全て交換しておりますので快適にお使い頂けます。

    今回4脚入荷したのですが、
    レザーの質がシボあり(凹凸のあるレザー)タイプと、ツルッとしたタイプのレザーに2脚ずつ別れておりましたので

    2脚ずつのセットにてご提供させて頂きました。

    木部仕上げもそれぞれ異なります。

    詳細はお問い合わせください。

  • Hans J. Wegner GE258 Daybed Oak

    ¥398,000

    ハンス・ウェグナー デイベット

    普段は3~4シータのソファーとして、
    背もたれを持ち上げる事で、簡易ベットとして使うことができ、使い勝手が優れております。
    1950年代、ウェグナーにより、学生寮向けにデザインされたと言われております。

    こちらは脚が円柱状に丸いタイプで、特注品と思われます。

    全体的に細かな傷、ダメージ等ございますが、

    使用上の問題は無く、
    内部ウレタン交換済み、座面リバコNC生地、背面はミナペルホネン生地にて交換済みですので
    座り心地も良くお使い頂けます。

  • Hans J. Wegner GE258 Daybed Oak

    ¥398,000

    ハンス・ウェグナー デイベット

    普段は3~4シータのソファーとして、
    背もたれを持ち上げる事で、簡易ベットとして使うことができ、使い勝手が優れております。
    1950年代、ウェグナーにより、学生寮向けにデザインされたと言われております。

    こちらは脚が円柱状に丸いタイプで、特注品と思われます。

    瓶の王冠を置いたまま上げてしまった際に付いたと思われる王冠跡、

    その他全体的に細かな傷、ダメージ等ございますが、

    使用上の問題は無く、
    内部ウレタン交換済み、生地はリバコNCにて新規張り替え、ですので
    座り心地も良くお使い頂けます。

  • Hans J. Wegner Sewing table PP33 Mahogany

    ¥398,000

    ハンス・ウェグナー PP33 ソーイングテーブル マホガニー材

    1949年にウェグナーによりデザインされ、
    Andreas Tuckより生産され、後にPP Mobler社に引き継がれましたが、
    そちらの生産も既に終了してしまいました。

    ウェグナー邸でも使用されている人気の高い商品です。

    PP Mobler社からは
    アッシュ材、オーク材、マホガニー材と材質では3つのタイプがあったようですが、
    その中でも高値で販売されてましたマホガニー材タイプとなっております。

    PP Mobler社のプレートも残っております。

    本来は裁縫道具を収納する目的で作られたテーブルなのですが、
    先日、YARN HOMEさんのイベントで、Andreas Tuck製のAT33をお貸ししたのですが、
    ソーイングテーブルにタオルを入れ、バスルームで使うというアイデアで展示されてました。

  • Hans J. Wegner AP-20 Mini Bear Teak

    ¥880,000

    ハンス・ウェグナー ミニベアチェア

    1954年頃、Hans J. Wegnerによってデザインされました。
    ずっと復刻を望まれ、2018年にやっと復刻されたようです。

    こちらのミニベアはAP Stolen社にて製造された当時のオリジナル、
    爪、脚ともにチーク材のタイプとなっており、
    現行ラインナップには存在しない希少な一脚となっております。

    Kvadrat Hallingdal65、座面はTambourineの黄色い生地にて張られております。

    脚に少々ダメージがございます。

    下記書籍にも掲載されております。

    Casa BRUTUS特別編集 北欧デザインの名作と暮らす (マガジンハウスムック)
    掲載ページ : P6 沢山のWegner作品と一緒に写っております,

    ハンス・ウェグナーの椅子100 (コロナ・ブックス) 単行本 – 2002/10
    掲載ページ : P71:二人がけタイプの写真,P183:イラスト

    新潮社 (2007/03) 名作椅子大全―イラストレーテッド 大型本 – 織田 憲嗣 著
    掲載ページ : P541 イラスト

  • Finn Juhl BO 46 Sofa

    ¥2,480,000

    フィン・ユール BO46 ソファー

    1946年にFinn JuhlによりデザインされたBO46。
    ジャン・アルプ、ヘンリー・ムーアに影響を受けたと言われる
    40年代Finn Juhlの特徴でもある彫刻のような有機的なフォルムが特徴です。

    One Collection社から復刻されておりますが、
    こちらはBovirke社製、オリジナルになります。

    Kvadrat(クヴァドラ)社の生地と、座面には上質なヌメ革を使用し、
    張替えさせて頂きました。

    下記書籍にも掲載されております。

    平凡社 (2012/2/10) フィン・ユールの世界―北欧デザインの巨匠 織田 憲嗣 著
    掲載ページ : P30

    Hatje Cantz Pub (2017/1/24) Watercolors by Finn Juhl Anne-Louise Sommer 著
    掲載ページ : P13,P36,P53

    新潮社 (2007/03) 名作椅子大全―イラストレーテッド 大型本 織田 憲嗣 著
    掲載ページ : P526

  • Finn Juhl NV55

    ¥498,000

    フィン・ユール NV55

    Finn Juhlが1946年にデザインされたダイニングチェアで、
    NV55と呼ばれているモデルです。

    卓越した技術力からFinn Juhl作品の中でも特に高騰している名工房、
    Niels Vodders製で、特徴の一つでもあるスペーサーを使った浮遊感も随所に見られます。

    上質な本革レザーにて張り替え、木部もメンテナンス済み、
    刻印もしっかりと残っております。

    こちらの作品は下記書籍にも掲載されております。

    平凡社 (2012/2/10) フィン・ユールの世界―北欧デザインの巨匠 – 織田 憲嗣 著
    掲載ページ : P31

  • Hans J. Wegner Sewing table AT33 Teak

    ¥298,000

    ハンス・ウェグナー AT33・ソーイングテーブル

    AT33は、ウェグナー邸でも使用されている人気の高い商品です。
    近年までPPモブラー社より復刻販売されておりましたが、既に復刻も生産は終了となっております。

    こちらの商品は更に希少価値の高い、
    Andreas Tuck社により製造されたヴィンテージの作品で、
    刻印もしっかり残っております。

    本来は裁縫道具を収納する目的で作られたテーブルなのですが、
    先日、YARN HOMEさんのイベントで、AT33をお貸ししたのですが、
    ソーイングテーブルにタオルを入れ、バスルームで使うというアイデアで展示されてました。

  • Niels Otto Moller Extension Dining Table Rosewood

    ¥298,000

    ニルス・モラー エクステンション ダイニングテーブル ローズウッド

    Niels Otto Mollerのローズウッド材を贅沢に用いた美しいダイニングテーブルで、

    4人用から

    8人用サイズくらいまでの拡張が可能なエクステンションテーブル。

    サイズ : W:130 – 236 x D:90 x H:70.5(cm)

  • Finn Juhl NV48

    ASK

    フィン・ユール NV48

    Finn Juhlが1948年にデザインしたと言われているNV48。
    同年のミラノ・トリエンナーレでメダルを獲得している作品です。
    細部に拘りがみられ、Finn Juhlに精通されてる方に探されてる方が多く、
    知るほどに欲しくなってしまう不思議な魅力のある椅子です。

    一度入手されたら手放されない為か、市場にも現れる事も少なく、
    探すのが難し椅子の一つです。

    今回2脚セットで入荷し、
    1脚には座面裏の後ろにNielsVodderの刻印が、

    もう一脚には珍しく両サイドに刻印がございます。

    NV48は下記書籍にも掲載されております。

    平凡社 (2012/2/10) フィン・ユールの世界―北欧デザインの巨匠 – 織田 憲嗣 著
    掲載ページ : P34,35

  • Mogens Koch Cabinet

    ASK

    モーエンスコッホ キャビネット 台座付き

    1928年、Mogens Kochが自邸で使うために
    上下分割可能、様々な組み合わせで使えるようにとデザインされたと言われており、
    90年近くが過ぎた今では書棚の最高峰として、
    様々なシーンで使われてるのを見かけます。

    現在も復刻販売されておりますが、
    こちらは当時のオリジナル、Rud. Rasmussen社製。
    それを証明するシールも残っております。

    また、こちらの商品は台座が付属しており、

    横に並べる際に台座の上に乗せ、ご利用頂く事も可能です。

    これにより、扉の下に余白がでますので
    下に配置した扉付き棚の開閉の際にストレス無く可能となります。

    台座が付属して手に入る事が非常に珍しく、
    台座そのものにも希少価値がございます。

    台座にもRud. Rasmussen社シールが残っております。

    Mogens Kochキャビネットは在庫が数セットあり、
    またお問合わせも多い事から積極的に探しております。
    都度在庫が変動しておりますので、お探しでしたらぜひ、
    お気軽にお問い合わせ頂けましたら幸いです。