Showing all 12 results

  • Poul Kjaerholm PK9 EKC Set(E. Kold Christensen)

    ¥1,680,000 ¥1,280,000

    ポール・ケアホルム PK9 EKC 2脚セット

    Fritz Hansen社から復刻、販売されておりますが、
    こちらはE. Kold Christensen社時代の希少なオリジナルになります。

    1950年代当時、Kold ChristensenはCarl Hansen&Søn社に在籍してましたが
    当時まだ若いデザイナーだったPoulKjærholmに可能性を見出し、
    E. Kold Christensen社を立ち上げ、PoulKjærholmと仕事を始めました。

    1980年まで続いた E. Kold Christensen社時期に生産された作品は
    特に高い人気を誇っています。

    下記書籍にも掲載されております。

    Casa BRUTUS (カーサ ブルータス) 2016年 12月号 [居心地のいい 本屋さん。] [雑誌]

    「ポール・ケアホルムとPK22。」と題し、12ページに渡る特集記事があります。作品一覧が写真付きで掲載されている他、フリッツ・ハンセン社CEOへのインタビューなど、ケアホルムファン必見の内容。

    PK9 掲載ページ : P190(Fritz Hansen社のPK9が掲載されてます。)

  • Poul Kjaerholm PK54 EKC (E. Kold Christensen)

    ASK

    ポール・ケアホルム PK54

    現在、Fritz Hansen社から復刻されておりますが、
    こちらは当時のオリジナル、1960年代の
    E. Kold Christensen社製の商品となっております。

    E. Kold Christensen社製のPK54は数も少なく、
    本国でも中々市場に出ない希少価値の高い逸品です。

  • Poul Kjaerholm Circle Table

    ¥780,000

    ポール・ケアホルム 円形分割テーブル

    PP Moblerから僅かな期間のみ生産されたテーブルです。

    大きめのサイズで、8脚で使う事が可能です。

    PP Moblerの2003年の刻印が残っております。

    4つを一つにして使用しますので、
    半円にして壁付けしたり、1つずつでの使用も面白いかと思います。

  • Poul Kjaerholm PK0 Serial No.0

    ASK

    ポール・ケアホルム PK0 Serial No.0

    Poul Kjaerholmが学生時代にデザインしたと言われるPK 0。
    1952年に設計されたのですが、
    その構造の複雑さゆえ、生産が難しく、
    当時、世に出回る事の無い幻の椅子として知られていました。

    そこからおよそ50年の時を経て、
    Fritz Hansen社の125周年記念の年である1997年に600脚のみ、
    1脚毎にシリアルナンバーのプレートが打たれ、販売されました。

    それ以降の販売はなく、今現在も大変希少なアイテムとして、
    市場でもほとんど見かける事がありません。

    先日発売されたCasa BRUTUS (カーサ ブルータス) 2016年 12月号で
    現Fritz Hansen社のCEO、Jacob Holm氏がナンバー001を所有していると記されてましたが、
    MOTO FURNITUREでは更に希少と思われる、シリアルナンバーが0のPK 0の入手に成功しました。

    なぜ000が存在するのか、私共も分からないままですが…、
    PK 0でNO.000は全てが0の幻の中の幻に相応しい、
    本当に希少なアイテムであること間違いなしです。

    サイズ
    W65×D64×H67.5(cm)

    下記書籍にも掲載されております。

    Casa BRUTUS (カーサ ブルータス) 2016年 12月号 [居心地のいい 本屋さん。] [雑誌]
    掲載ページ : P188,P195

  • Poul Kjaerholm PK41 Black Table EKC(E. Kold Christensen)

    ¥398,000

    ポール・ケアホルム PK41 テーブル

    希少なE. Kold Christensen社製テーブルで、
    天板と脚の付け根部分4本それぞれに証明する刻印が残っております。

    メンテナンスに関しましてですが、
    オリジナルの雰囲気を保ち、同じ風合いのブラックにて再塗装させて頂きましたので
    快適にお使い頂けます。

  • Poul Kjaerholm PK41 Teak Table EKC(E. Kold Christensen)

    ¥298,000 ¥198,000

    ポール・ケアホルム PK41 チークテーブル

    希少なE. Kold Christensen社製テーブルで、
    天板と脚の付け根部分4本それぞれに証明する刻印が残っております。

    W180×D129×H66(cm)と大きめなサイズで、
    複数人で作業する際のデスクとして最適なサイズかと思います。

    天板に細かな傷等ございます。




  • Poul Kjaerholm E. Kold Christensen Logo

    ASK

    ポール・ケアホルム E. Kold Christensenロゴ

    ポール・ケアホルムの作品は現在、Fritz Hansen社で復刻、販売されておりますが、
    作品発表から1980年まではE. Kold Christensen社から販売されておりました。

    1950年代当時、Kold ChristensenはCarl Hansen&Søn社に在籍してましたが
    当時まだ若いデザイナーだったPoulKjærholmに可能性を見出し、
    E. Kold Christensen社を立ち上げ、PoulKjærholmと仕事を始めました。

    1980年まで続いた E. Kold Christensen社時期に生産された作品は
    特に高い人気を誇り、市場価格は現在も高騰を続けております。

    こちらはE. Kold Christensen社時代のショールーム等で展示されていた
    希少なロゴオブジェになります。

    デンマークで買い付け中に偶然見つけ、
    売り物では無いのにお願いして譲って頂いた非常に珍しいアイテムです。
    家具とは違い、販売されていたものでは無い為、数も極端に少なく、
    今後の入手が困難と思われるコレクターズ・アイテムとしてオススメの逸品です。

  • Poul Kjaerholm PK22

    ASK

    ポール ケアホルム PK22

    1956年にデザインされた、ポール・ケアホルムの代表作、 PK22 。
    1957年にはTriennale di Milano(ミラノ トリエンナーレ)にて
    グランプリを獲得し、輝かしいキャリアのきっかけとなった作品です。
    繊細なフォルムに籐とステンレスの絶妙な組み合わせが見事です。
    こちらはFritz Hansen社製で、籐は当時のまま、刻印、MADE IN DENMARK 1989のステッカーもそのまま残っております。

    PK22は下記書籍にも掲載されております。

    Casa BRUTUS (カーサ ブルータス) 2016年 12月号 [居心地のいい 本屋さん。] [雑誌]
    PK22掲載ページ : P189,P190,P195,P197(籐タイプ)

    「ポール・ケアホルムとPK22。」と題し、12ページに渡る特集記事があります。作品一覧が写真付きで掲載されている他、フリッツ・ハンセン社CEOへのインタビューなど、ケアホルムファン必見の内容。

  • Poul Kjaerholm PK140 Table

    ASK

    ポール・ケアホルム PK140 テーブル

    1971年にPoul Kjaerholmによりデザインされ、
    2004年にPP Møbler社によって制作されたモデルで
    なかなか見かけることのないレアなテーブルです。

    天板や、

    脚など、

    美意識の高いPoul Kjaerholmの特徴が随所に見られます。

    裏面には上記を証明する刻印も残っております。

    脚は回して取り外す事ができますので
    分解し、搬入することが可能です。

    現在別途販売中の背にクロスの契を持つHans J. Wegner作のJH701と非常に相性が良いです。

    一箇所、凹みがございますが、その他にダメージはなく、良いヴィンテージコンディションです。

  • Poul Kjaerholm PK22 EKC(E. Kold Christensen)

    ASK

    ポール・ケアホルム PK22

    1956年にデザインされた、ポール・ケアホルムの代表作、 PK22 。
    1957年にはTriennale di Milano(ミラノ トリエンナーレ)にて
    グランプリを獲得し、輝かしいキャリアのきっかけとなった作品です。
    繊細なフォルムにブラックレザーとステンレスの絶妙な組み合わせが見事です。

    現在、Fritz Hansen社から復刻されておりますが、
    こちらは希少価値の高い当時のE. Kold Christensen社製の商品となっております。

    ブラックレザーは弊社にて張替えさせて頂きました。

    PK22は下記書籍にも掲載されております。

    Casa BRUTUS (カーサ ブルータス) 2016年 12月号 [居心地のいい 本屋さん。] [雑誌]

    「ポール・ケアホルムとPK22。」と題し、12ページに渡る特集記事があります。作品一覧が写真付きで掲載されている他、フリッツ・ハンセン社CEOへのインタビューなど、ケアホルムファン必見の内容。

    掲載ページ : P189,P190,P195

  • Poul Kjaerholm PK20

    ASK

    ポールケアホルム PK20

    1967年にPoul KjaerholmによってデザインされたPK20。
    スチールを曲げで作られた独特の脚でロッキングが可能となっており、
    座り心地が大変心地よいです。

    フリッツハンセン社のステッカーも残っております。

    最後の写真のとおり、近い状態の商品がもう1脚ございます。
    ご不明な点、ご要望等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

    ※価格は1脚の価格となっております。

    PK20は下記書籍にも掲載されております。

    Casa BRUTUS (カーサ ブルータス) 2016年 12月号 [居心地のいい 本屋さん。] [雑誌]

    「ポール・ケアホルムとPK22。」と題し、12ページに渡る特集記事があります。作品一覧が写真付きで掲載されている他、フリッツ・ハンセン社CEOへのインタビューなど、ケアホルムファン必見の内容。

    掲載ページ : P190(籐タイプの掲載ございます。)

  • Poul Kjaerholm PK20 Brown Leather

    ASK

    ポールケアホルム PK20

    1967年にPoul KjaerholmによってデザインされたPK20。
    スチールを曲げで作られた独特の脚で、ロッキングが可能となっており、
    座り心地が大変心地が良く、状態も良好です。

    こちらはFritz Hansen社製になります。

    現在、在庫整理の為、セール価格にてご提供させて頂いております。

    PK20は下記書籍にも掲載されております。

    Casa BRUTUS (カーサ ブルータス) 2016年 12月号 [居心地のいい 本屋さん。] [雑誌]

    「ポール・ケアホルムとPK22。」と題し、12ページに渡る特集記事があります。
    作品一覧が写真付きで掲載されている他、フリッツ・ハンセン社CEOへのインタビューなど、ケアホルムファン必見の内容。
    PK20 掲載ページ : P190(籐タイプの掲載ございます。)