Hans J. Wegner GE7 Daybed Teak & Cane

¥770,000

2018/08月より、店頭で利用出来るカード種類が増えました。

ハンス・ウェグナー デイベット

普段は3~4シータのソファーとして、
背もたれを持ち上げる事で、簡易ベットとして使うことができ、使い勝手が優れております。
1950年代、ウェグナーにより、学生寮向けにデザインされたと言われております。

こちらは脚が丸い丸脚タイプと呼ばれる初期に生産されたタイプ。

材質ではチーク材、オーク材があるのですが、こちらはチーク材のフレームになります。

特にこちらの丸脚で背もたれに籐が使われてるタイプは最も初期に作られたものと言われており、
構造も他のDaybedとは異なる作りが見られます。

籐部分に何本か部分補修した箇所がございます。
古い籐の状態を残しておりますので、今後使用していく上でも切れてしまう事が想定されますが、その味わい深さが人気の一つでもあると思います。
古いものを新規で張り替えて変える事は簡単ですが、2度とヴィンテージの状態へ戻す事は出来ません。

マットレスクッションに関しましては、純正バネスプリングタイプとなっております。

現地からの状態ですが、まだまだご使用頂けるコンディションになります。

別途費用にて新規張り替えも対応させて頂きます。

1961年当時のカタログにも籐タイプのDaybedが掲載されてました。

弊社HP掲載の商品価格につきまして、全て(税込)表示となっております。

商品カテゴリー: , ,

Denmark

デザイナー

Hans J. Wegner

メーカー

GETAMA

材質

cane Teak