Showing 1–12 of 59 results

  • Hans J. Wegner Daybed Teak & Cane

    ¥598,000

    ハンス・ウェグナー デイベット

    普段は3~4シータのソファーとして、
    背もたれを持ち上げる事で、簡易ベットとして使うことができ、使い勝手が優れております。
    1950年代、ウェグナーにより、学生寮向けにデザインされたと言われております。

    こちらは脚が丸い丸脚タイプと呼ばれる初期に生産されたタイプ、
    また、丸脚にはチーク材、オーク材があるのですが、
    こちらは希少価値の高いチーク材のモデルとなっております。

    特にこちらの丸脚で背もたれに籐が使われてるタイプは最も初期に作られたものと言われており、
    構造も他のDaybedとは異なる作りが見られます。

    チーク、丸脚は年々状態の良いものから少なくなってきてるように感じてましたが、
    こちらの背もたれ籐タイプは市場では本当に見なくなりました。

    背面にはIllumusで販売されていた事を証明する、通称Illumusプレートがあり、

    調べてみたところ、1961年当時のカタログにもこちらのチーク、籐タイプのDaybedが掲載されてました。

  • Hans J. Wegner GE258 Daybed Teak & Oak

    ASK

    ハンス・ウェグナー デイベット

    普段は3~4シータのソファーとして、
    背もたれを持ち上げる事で、簡易ベットとして使うことができ、使い勝手が優れております。
    1950年代、ウェグナーにより、学生寮向けにデザインされたと言われております。

    こちらは脚が丸い丸脚タイプと呼ばれる初期に生産されたタイプ、
    本体がチーク材、脚がオーク材のタイプとなっております。

    丸脚は年々状態の良いものから
    少なくなってきてるように感じております。

    詳しい状態に関しましては別途写真等準備することも可能ですので
    お問い合わせ頂けましたら幸いです。

    メンテナンスに関しましてですが、
    内部ウレタン交換済み、
    背もたれ部分はリバコ社NCシリーズのが#126、
    座面は#042の生地にて張替え済みとなっておりますので
    快適にお使い頂けます。

    サイズ : W196cm H78cm D86.5cm

  • Hans J. Wegner Daybed Oak(201812)

    ASK

    ハンス・ウェグナー デイベット

    普段は3~4シータのソファーとして、
    背もたれを持ち上げる事で、簡易ベットとして使うことができ、使い勝手が優れております。
    1950年代、ウェグナーにより、学生寮向けにデザインされたと言われております。

    大きなダメージはなく、
    良好なコンディションとなっております。

    こちらは脚が丸い丸脚タイプと呼ばれる初期に生産されたタイプ、
    また、丸脚にはチーク材、オーク材があるのですが、
    こちらはオーク材のモデルとなっております。

    メンテナンスに関しましてですが、
    内部ウレタン交換済み、
    リバコ社NC #42,#126の生地にてカバー張替え済みとなっておりますので
    快適にお使い頂けます。

    サイズ : W:196 x D:87 x H:78 x SH:44(cm)

  • Hans J. Wegner GETAMA Bed Frame

    ¥348,000 ¥248,000

    ハンス・ウェグナー GETAMA ベッドフレーム

    クイーンサイズでお使い出来るベッドフレームで、
    1つずつ離して使うことも可能です。

    1つずつでお使いになる場合のマットサイズ目安は85 × 200(cm)
    2つ連結してお使いになる場合のマットサイズ目安は170 × 200(cm)
    となっております。

    ヘッドボードの素材は合皮とチーク材、
    脚側はチーク材となっております。

    脚側に打痕と、

    マットを支えるベースに少々破れがございますが

    全体的に良好なヴィンテージコンディションです。

    また、こちらのフレームと相性が良く、取り付け可能な
    同じGETAMA社製、ウェグナーデザインのナイトテーブルも2点在庫ございます。

    こちらは1点78,000円2点セットでしたら148,000円でご提供させて頂いております。

    また、ベットフレームとのセット購入で更にお値引きも検討しておりますので
    お気軽にお問い合わせ頂けましたら幸いです。

  • Hans J. Wegner RY-Mobler Oak High Bed Frame

    ¥148,000

    ハンス・ウェグナー RYベッドフレーム

    RY Mobler社から販売されたシンプルなベッドフレーム。
    こちらのタイプはマットレスまでの高さが他と比べ高い珍しいタイプで、
    その分、ベッド下の収納スペース確保出来きますので
    使い勝手が良いかと思います。

    サイズに関しましてですが、
    下記画像の

    W : 208cm(黄色線)
    D : 91.5cm(青線)
    H : 84.5cm(赤線)
    フレームまでの高さ : 49.5cm(緑線)

    となっており、

    マットレス内寸は W200 × D85(cm)となります。

    オーク無垢材の美しさを ウェグナーがシンプルに形に落とし込んだデザイン。
    丸脚でを用いる事で柔らかさ、温かさが加わり、
    様々な寝室に溶け込んでくれると思います。

  • Hans J. Wegner GETAMA Cane Bed Frame

    ¥198,000

    ウェグナー GETAMA ベッドフレーム 籐

    希少な当時のチーク材と籐の組み合わせが美しいベッドフレームです。

    ベッドフレームのサイズはW204 x D86 x H75(cm)、
    内寸マットレスサイズはD85×W200(cm)となっております。

    GETAMA社製、ウェグナーデザインを証明する刻印も残っております。

    メンテナンスに関しましてですが、
    永くお使い頂けるよう、ダメージのあった脚の原型を再現し、新規に作成しました。

    状態に関しましてですが、籐に一箇所隙間がございますが、
    風合いの良いヴィンテージの籐でしたのでそのままとさせて頂いております。

    別途新たに張り替える事も可能ですので
    ご希望ございましたらお問い合わせよりお申し付け下さい。

    その他は目立った大きなダメージはなく、
    良好なヴィンテージコンディションです。

  • Hans J. Wegner RY-Mobler Oak Bed Frame

    ¥148,000

    ハンス・ウェグナー RYベッドフレーム

    RY Mobler社から販売されたシンプルなベッドフレーム。

    オーク無垢材の美しさを ウェグナーがシンプルに形に落とし込んだデザイン。
    丸脚でを用いる事で柔らかさ、温かさが加わり、
    様々な寝室に溶け込んでくれると思います。

    サイドフレームの内側にRY-Mobler社製を証明するスタンプがあり、
    1953年製のものである事まで確認出来ます。

    また、マットレスを支えるワイヤーの床板にも
    当時のメーカーと思われるSLUMBERと、シリアル番号のスタンプが残っております。

    サイズはW199.5×D92.5×H80(cm)となっており、
    マットレス内寸はW192×D85.5(cm)となっております。

    価格は1点の価格となっており、近い状態のものが2点ございます。
    同時期でコンディションが近いベッドフレームが2点同時に出てくることは稀ですので
    セットで探されてた方はこの機会に是非ご検討頂けましたら幸いです。

  • Hans J. Wegner GE258 Daybed Oak

    ASK

    普段は3~4シータのソファーとして、
    背もたれを持ち上げる事で、簡易ベットとして使うことができ、使い勝手が優れております。
    1950年代、ウェグナーにより、学生寮向けにデザインされたと言われております。

    Daybedには脚の形状が丸い丸脚、四角い角脚と呼ばれるタイプがあり、
    丸脚の方が希少で、丸脚は通常、下記画像右のように、下に行くほど細くなっているのですが、
    こちらの商品は下記画像左のように、円柱状になっている珍しい脚です。


    ※左 : 今回の丸脚タイプ 右 : 通常の丸脚タイプ

    底面が通常と比べ太い事で、安定感は増し、
    更に、面積が大きいので床を傷つけにくいというメリットもあるかと思います。

    ダメージに関しましては、細かな傷、擦れ、小さな補修跡等ございますが
    大きなダメージは無く、全体的に良好なヴィンテージコンディションとなっております。

    メンテナンスに関しましてですが、
    生地はリバコ社製 NC044にて張替え済みとなっておりますので
    快適な座り心地でお使い頂けます。

  • Hans J. Wegner GETAMA Cane & Oak Bed Frame

    ASK

    ウェグナー GETAMA ベッドフレーム 籐

    オーク材と籐の色の近い組み合わせが美しいベッドフレームです。

    GETAMA社製、ウェグナーデザインを証明する刻印も残っております。

    状態に関しましてですが、細かな傷等ございますが、大きなダメージも無く、
    良好なヴィンテージコンディションとなっております。

  • Hans J. Wegner GE258 Daybed Beech(201906)

    ¥278,000

    普段は3~4シータのソファーとして、
    背もたれを持ち上げる事で、簡易ベットとして使うことができ、使い勝手が優れております。
    1950年代、ウェグナーにより、学生寮向けにデザインされたと言われております。

    こちらは脚が四角い角脚タイプと呼ばれるタイプです。

    GETAMA社のシールも残っております。

    メンテナンスに関しましてですが、
    NC生地にてカバー張り替え、ウレタン交換済みです。

    天板に落書きと思われる傷がございます。

  • Hans J. Wegner Daybed Teak(201902)

    ASK

    ハンス・ウェグナー デイベット

    普段は3~4シータのソファーとして、
    背もたれを持ち上げる事で、簡易ベットとして使うことができ、使い勝手が優れております。
    1950年代、ウェグナーにより、学生寮向けにデザインされたと言われております。

    こちらは脚が丸い丸脚タイプと呼ばれる初期に生産されたタイプ、
    また、丸脚にはチーク材、オーク材があるのですが、
    こちらは希少価値の高いチーク材のモデルとなっております。

    チーク、丸脚は年々状態の良いものから
    少なくなってきてるように感じております。

    天板に一箇所小さな欠け、

    向かって左側側部に傷、補修痕等ございます。

    詳しい状態に関しましては別途写真等準備することも可能ですので
    お問い合わせ頂けましたら幸いです。

    メンテナンスに関しましてですが、
    内部ウレタン交換済み、
    背もたれ部分はリバコ社NCシリーズのが#126、
    座面は#042の生地にて張替え済みとなっておりますので
    快適にお使い頂けます。

    サイズ : W196cm H78cm D86.5cm

  • Hans J. Wegner GE258 Daybed Oak(201901)

    ASK

    普段は3~4シータのソファーとして、
    背もたれを持ち上げる事で、簡易ベットとして使うことができ、使い勝手が優れております。
    1950年代、ウェグナーにより、学生寮向けにデザインされたと言われております。

    Daybedには脚の形状が丸い丸脚、四角い角脚と呼ばれるタイプがあり、
    丸脚の方が希少で、丸脚は通常、下記画像右のように、下に行くほど細くなっているのですが、
    こちらの商品は下記画像左のように、円柱状になっている珍しい脚です。

    底面が通常と比べ太い事で、安定感は増し、
    更に、面積が大きいので床を傷つけにくいというメリットもあるかと思います。

    ダメージに関しましては、側面に傷、擦れ、補修痕等のダメージ、

    天板に輪染みがございます。