Showing 1–12 of 576 results

  • Pierre Jeanneret Floating Back Chair

    ASK

    ピエール・ジャンヌレ フローティングバックチェア

    背もたれが浮いているように見えることから
    フローティングバックチェアと呼ばれるモデルです。

    座面後ろにレターが入っております。

    歪みの矯正や、綺麗にしようと削りすぎ、
    角ばった形になった商品なども見かけますが、
    弊社で扱いますPierre Jeanneret作品は
    世界遺産の修復も手がけるチームによる補修で、
    通常使用に耐えうる範囲で、可能な限り当時の状態を維持した修復をさせて頂いております。

    近年の人気で高騰したのをきっかけに贋作もいくつか見られますが、
    弊社では本物保証としまして、万が一、贋作と判明した場合は
    商品を引き取らせて頂き、全額ご返金、
    安心してお買い求め頂ける体制を整えております。

    お気軽にお問い合わせ下さい。

  • Pierre Jeanneret Demountable Chair

    ASK

    ピエール・ジャンヌレ デマウンタブルチェア

    やや小ぶりなサイズで、愛らしさのある椅子です。
    2脚セットでの販売を予定しております。

    1脚の座面後ろにレターが入っております。

    歪みの矯正や、綺麗にしようと削りすぎ、
    角ばった形になった商品なども見かけますが、
    弊社で扱いますPierre Jeanneret作品は
    世界遺産の修復も手がけるチームによる補修で、
    通常使用に耐えうる範囲で、可能な限り当時の状態を維持した修復をさせて頂いております。

    近年の人気で高騰したのをきっかけに贋作もいくつか見られますが、
    弊社では本物保証としまして、万が一、贋作と判明した場合は
    商品を引き取らせて頂き、全額ご返金、
    安心してお買い求め頂ける体制を整えております。

    お気軽にお問い合わせ下さい。

  • Pierre Jeanneret Conference Arm Chair

    ASK

    ピエール・ジャンヌレ カンファレンスアームチェア

    背もたれ後ろと、右フレーム2箇所にレターが入ったカンファレンスアームチェアです。


    歪みの矯正や、綺麗にしようと削りすぎ、
    角ばった形になった商品なども見かけますが、
    弊社で扱いますPierre Jeanneret作品は
    世界遺産の修復も手がけるチームによる補修で、
    通常使用に耐えうる範囲で、可能な限り当時の状態を維持した修復をさせて頂いております。

    近年の人気で高騰したのをきっかけに贋作もいくつか見られますが、
    弊社では本物保証としまして、万が一、贋作と判明した場合は
    商品を引き取らせて頂き、全額ご返金、
    安心してお買い求め頂ける体制を整えております。

    お気軽にお問い合わせ下さい。

  • Pierre Jeanneret Easy Arm Chair

    ASK

    ピエール・ジャンヌレ イージーアームチェア

    座面の高さが低く、奥行きがあるゆったりと座れるタイプのイージーチェア。
    座面背部にAPP 1のレターがあります。

    歪みの矯正や、綺麗にしようと削りすぎ、
    角ばった形になった商品なども見かけますが、
    弊社で扱いますPierre Jeanneret作品は
    世界遺産の修復も手がけるチームによる補修で、
    通常使用に耐えうる範囲で、可能な限り当時の状態を維持した修復をさせて頂いております。

    近年の人気で高騰したのをきっかけに贋作もいくつか見られますが、
    弊社では本物保証としまして、万が一、贋作と判明した場合は
    商品を引き取らせて頂き、全額ご返金、
    安心してお買い求め頂ける体制を整えております。

    お気軽にお問い合わせ下さい。

  • Pierre Jeanneret Office Chair State Bank of India

    ASK

    ピエール・ジャンヌレ オフィスチェア(インドステイト銀行)

    アーム右側にState Bank of India(インドステイト銀行 https://sbi.co.in/)のロゴ、
    座面背部にロゴとナンバーと思われるレターがあり、
    インドステイト銀行で使われていたものと思われます。

    右アームにロゴがあるタイプ、左アームにロゴがあるタイプがそれぞれ2脚あり、
    左右2脚セット、

    もしくは4脚セットでの販売となります。

    歪みの矯正や、綺麗にしようと削りすぎ、
    角ばった形になった商品なども見かけますが、
    弊社で扱いますPierre Jeanneret作品は
    世界遺産の修復も手がけるチームによる補修で、
    通常使用に耐えうる範囲で、可能な限り当時の状態を維持した修復をさせて頂いております。

    近年の人気で高騰したのをきっかけに贋作もいくつか見られますが、
    弊社では本物保証としまして、万が一、贋作と判明した場合は
    商品を引き取らせて頂き、全額ご返金、
    安心してお買い求め頂ける体制を整えております。

    お気軽にお問い合わせ下さい。

  • Hans J. Wegner Daybed Teak & Cane

    ¥598,000

    ハンス・ウェグナー デイベット

    普段は3~4シータのソファーとして、
    背もたれを持ち上げる事で、簡易ベットとして使うことができ、使い勝手が優れております。
    1950年代、ウェグナーにより、学生寮向けにデザインされたと言われております。

    こちらは脚が丸い丸脚タイプと呼ばれる初期に生産されたタイプ、
    また、丸脚にはチーク材、オーク材があるのですが、
    こちらは希少価値の高いチーク材のモデルとなっております。

    特にこちらの丸脚で背もたれに籐が使われてるタイプは最も初期に作られたものと言われており、
    構造も他のDaybedとは異なる作りが見られます。

    チーク、丸脚は年々状態の良いものから少なくなってきてるように感じてましたが、
    こちらの背もたれ籐タイプは市場では本当に見なくなりました。

    背面にはIllumusで販売されていた事を証明する、通称Illumusプレートがあり、

    調べてみたところ、1961年当時のカタログにもこちらのチーク、籐タイプのDaybedが掲載されてました。

  • Mogens Koch Cabinet B

    ¥528,000

    モーエンスコッホ キャビネット

    1928年、Mogens Kochが自邸で使うために
    上下分割可能、様々な組み合わせで使えるようにとデザインされたと言われており、
    90年近くが過ぎた今では書棚の最高峰として、
    様々なシーンで使われてるのを見かけます。

    現在も復刻販売されておりますが、
    こちらは当時のオリジナル、Rud. Rasmussen社製。
    それを証明するシールも残っております。

    材質はマホガニー材と思われます。

    Mogens Kochキャビネットは在庫が数セットあり、
    またお問合わせも多い事から積極的に探しております。
    都度在庫が変動しておりますので、お探しでしたらぜひ、
    お気軽にお問い合わせ頂けましたら幸いです。

  • Mogens Koch Cabinet A

    ¥428,000

    モーエンスコッホ キャビネット

    1928年、Mogens Kochが自邸で使うために
    上下分割可能、様々な組み合わせで使えるようにとデザインされたと言われており、
    90年近くが過ぎた今では書棚の最高峰として、
    様々なシーンで使われてるのを見かけます。

    現在も復刻販売されておりますが、
    こちらは当時のオリジナル、Rud. Rasmussen社製。
    それを証明するシールも残っております。

    材質は着色タイプのAsh材と思われます。

    Mogens Kochキャビネットは在庫が数セットあり、
    またお問合わせも多い事から積極的に探しております。
    都度在庫が変動しておりますので、お探しでしたらぜひ、
    お気軽にお問い合わせ頂けましたら幸いです。

  • Arne Vodder Coffee Table

    ¥248,000

    アルネヴォッダー コーヒーテーブル

    Arne Vodderデザイン、VAMO SONDERBORG社製のなかなか見かけないレアなコーヒーテーブルです。
    1950年代のものと思われます。

    天板のエッジが立ち上がったデザインは

    Arne Vodderの代表作、サイドボードのデザインにも見られ、

    組み合わせて使われると合う思います。

    籐の棚も使い勝手が良さそうです。

    天板裏、籐の影で写真が分かりづらいのですが、
    VAMO SONDERBORG社のスタンプが残っております。

    経年の小さなキズ、凹みが見られますが、

    全体的に良いヴィンテージコンディションです。

  • Hans J. Wegner GE290 3 Seater Oak

    ¥478,000

    ハンス・ウェグナー GE290 3シータ

    1953年にウェグナーによってデザインされたGE290。
    飽きのこないシンプルなデザインと高い安楽性から
    大変人気の高いモデルで、年々市場価格が上昇しております。

    ウレタン交換、カバーをリバコ社製NC#044にて新規張替え済み。

    目立つ傷など無く非常に良好なコンディションになります。

    また、デンマーク製高級生地のクッションも対応可能です。

    下記のKvadrat社 Hallingdal65 #130の場合は総額548,000円

    ケアロップ社製のもう少し濃いグレー系の場合は総額528,000円でご提供可能となっております。

    上記は即納品出来る生地になりますが、
    その他、Kvadrat社を始め、多種多様な生地、革の取扱いございますので、
    お気軽にご相談頂けましたら幸いです。

  • Hans J. Wegner RY 20 Oak & Cane

    ¥598,000

    ハンス・ウェグナー RY20 オーク & 籐

    RY-Moblerから販売されるウェグナー作品らしさの特徴である
    重厚感あるデザインと機能性、そして抜群の収納力です。

    こちらは希少な扉が籐のタイプで、
    オーク材を使用し、全体的に明るい印象となっております。

    RY-Mobler社製を証明するスタンプが上段裏面残っております。

    メンテナンスに関しましては下段裏面の背板を新規に交換、

    中段の天板の補修をさせて頂きました。

    抽斗の中など、あまり目立たない部分の傷は残してあります。

    費用を抑えるため、
    機能的、大きく外観を損ねてしまう部分のみ対応させて頂いておりますが、
    これらのダメージ補修等も別途対応は可能ですので
    お気軽にお問い合わせ頂けましたら幸いです。

  • Hans J. Wegner JH701 Teak

    ASK

    ハンス・ウェグナー JH701

    1965年のウェグナー作品で、彼の作品では珍しい
    スチールフレームに座と笠木だけの構造を持つ美しい椅子です。

    現在はPP Moblerにて復刻販売されてますが、
    こちらはJohannes Hansen社のオリジナル、
    また、座面裏にJohannes Hansen社のシールが貼られてるものもありますが、
    こちらは希少な金属プレートのタイプとなります。

    最大の特徴である繊細で美しい笠木は、4つの無垢材を
    2枚の薄い木材で寄せ木にし、さらに十字型の「契」で結んだものを
    職人の手により丁寧に削り出されたものです。

    本来左右の部材を繋ぐ際に強度を高める役割の「契」を
    あえて意匠のポイントとして見せるあたりは本当に見事です。
    また、十字型の「契」に希少なローズウッド材が使われており、
    現行と比べ、背もたれが太いのがヴィンテージの証となっております。

    デンマークのデザインミュージアムのカフェや
    ウェグナー自邸のダイニングでも使用されており、
    妻のインガ夫人お気に入りの一脚でもあります。

    ナチュラルレザーにて張替え、内部ウレタンも交換させて頂きました。