Showing 1–12 of 437 results

  • Hans J. Wegner GE19 Daybed(201810)

    ¥248,000

    ハンス・ウェグナー GE19 デイベッド

    ウェグナーの1956年頃の作品と言われており、
    こちらも生産数が少なく、なかなか市場にも登場しないレアな作品かと思います。

    背もたれが無いので両サイドから腰掛ける事が可能で
    ソファーとしても、ベッドとしても使用できるので
    場面を選ばず、様々なシーンで活躍してくれる事と思います。

    サイドのベッド固定に真鍮が使用されており、
    シンプルながら存在感のある印象です。

    こちらはチーク材を使用した希少価値が高いモデルとなっております。

    生地はリバコ社のNCにて張替え、内部ウレタンも交換対応させて頂きましたので
    快適にお使いいただけます。

  • Kai Kristiansen Model 42 Chair Black Leather & Rosewood (201810)

    ¥128,000

    カイ・クリスチャンセン 42チェア ローズウッド&ブラックレザー

    No42チェアは彼の作品の中でも非常に人気の高いモデルです。
    特徴的なのは肘と、肘から伸びる後脚が下に向かうにつれ、内側に狭くなるようデザインされ、
    正面から見ても脚のバランスが美しいです。

    価格は一脚での値段となっておりますが、
    今回5脚入荷いたしまして、
    1脚で128,000円、
    2脚セットで250,000円
    4脚セットで440,000円

    と、購入数に応じてお値引きを検討させて頂いております。

    また、別途こちらと相性の良いカイ・クリスチャンセンのエクステンションテーブルも入荷しております。

    2段階のサイズで使うことが可能で、様々な用途でご活躍頂けると思っております。

  • Kai Kristiansen Extension Rosewood Table

    ¥298,000

    カイ・クリスチャンセン ローズウッドエクステンションテーブル
    ※価格はテーブルのみの価格です

    幅が小さいサイズ使用時で115cmから、

    一番大きいサイズで170cmと

    2段階で変えられる使い勝手の良いテーブルです。

    機能性だけでなく、希少なローズウッド材を贅沢に使用しておりますので
    非常に美しいテーブルです。

    こちらはフルメンテナンスさせて頂き、
    新規ウレタン塗装を施しており、非常に綺麗な仕上がりとなっております。

    現在写真に写っておりますModel 42チェアですが、
    同じローズウッドタイプで非常に相性も良くオススメです。

    Model 42 Chair Black Leather & Rosewood

    まとめての購入でお値引きも検討させて頂きますので
    お気軽にお問い合わせ頂けましたら幸いです。

  • Finn Juhl Chieftain Chair Ivan Schlechter

    ¥6,800,000

    フィン・ユール チーフテンチェア イバン・シュレクター

    Finn Juhlの代表作、Chieften Chair。
    こちらは張りの名工と言われるIvan Schlechterが製作した
    世界に10台しか無いうちの1点となります。
    革張りも当時のままに、大変希少価値の高い商品になります。
    これまでに弊社でも実物はこの一脚しか見たことは無く、
    今後の入手は非常に困難と思われます。

    下記書籍にも掲載されております。

    平凡社 (2012/2/10) フィン・ユールの世界―北欧デザインの巨匠 織田 憲嗣 著
    掲載ページ : P19,P21,P40,P41,P166

    Hatje Cantz Pub (2017/1/24) Watercolors by Finn Juhl – Anne-Louise Sommer 著
    掲載ページ : P40,P107,P113

    新潮社 (2007/03) 名作椅子大全―イラストレーテッド 大型本 – 2007/3 織田 憲嗣 著
    掲載ページ : P527

    Casa BRUTUS特別編集 北欧デザインの名作と暮らす (マガジンハウスムック)
    掲載ページ : P62(フィン・ユール邸写真)

  • Hans J. Wegner GE258 Daybed Oak(201810)

    ¥398,000

    普段は3~4シータのソファーとして、
    背もたれを持ち上げる事で、簡易ベットとして使うことができ、使い勝手が優れております。
    1950年代、ウェグナーにより、学生寮向けにデザインされたと言われております。

    座面裏にGETAMA社製を証明する刻印が残っております。

    座って右側サイドに補修跡がございます。

    その他目立った大きなダメージはなく、
    良好なヴィンテージコンディションとなっております。

    こちらは脚が丸い丸脚タイプと呼ばれる初期に生産されたタイプ、
    また、丸脚にはチーク材、オーク材があるのですが、
    こちらはオーク材のモデルとなっております。

    メンテナンスに関しましてですが、
    生地はDanish art weaving ALSACEにて張替え、
    内部ウレタンも交換済みとなっておりますので
    快適な座り心地でお使い頂けます。

  • Finn Juhl Dining Table Rosewood (201810)

    ¥398,000

    フィン・ユール ローズウッド ダイニングテーブル

    Finn Juhlのディプロマットシリーズ ダイニングテーブル。
    Width W227.5 × D95 × H72(cm)と非常に大きめなサイズにもかかわらず、
    希少なローズウッドを贅沢に使用し、大変美しいテーブルです。

    小さな補修跡、

    スレたような跡が残っておりますが、

    どちらもその上からしっかりメンテナンスさせて頂きましたので
    非常に美しい仕上がりとなっております。

    その他は大きなダメージはなく、非常に良好なヴィンテージコンディションです。

    France & Son社のメダリオン、刻印も残っております。

  • Hans J. Wegner GE701 Bed Frame

    ¥428,000

    ハンス・ウェグナー GE701 ベッドフレーム

    Wegnerデザインの珍しいダブルサイズのベッドフレームです。

    横幅、ヘッド側が222.5cm、足側が154.5cm、縦が200cm
    高さが上76.5cm、下63.5cm、
    マットレス内寸は150cm × 194cmとなっております。

    杢目が非常に美しい個体です。

    片側テーブルにGETAMA社製を証明する焼印が残っております。

  • Vilhelm Lauritzen Foot Stool

    ¥248,000

    ヴィルヘルム・ラウリッツェン フットスツール

    ヴィルヘルム・ラウリッツェンの建築事務所ではフィンユールも勤務していたと知られてますが、
    大きな影響を与えた人物の一人です。

    こちらはヴィルヘルム・ラウリッツェンがデザインしたフットスツール。
    建築家なので彼の家具は流通が少なく、非常に希少価値の高い逸品です。

  • Hans J. Wegner GE235 Sofa 3 Seater Oak (201810)

    ¥498,000

    ハンス・ウェグナー GE235 3シータソファー

    ウェグナーによって1954年にデザインされたと言われております。

    1954年と言えば、ベアチェア、ミニベアと言った彼の代表作が生まれた年でもあり、
    一番輝かしい時期の作品と言って良いと思います。

    GE236と形は一緒なのですが、GE235は幅が少し短く、
    また、数が少なく、市場にあまり出回らない希少なモデルです。

    GE236同様、背面の美しさが特徴の一つでもあります。

    状態に関しましてですが、
    GE236、GE235によく見られるダメージなのですが、
    壁に寄せすぎた事によると思われる背面フレーム先端の削れがございます。

    フレームに黒い汚れがございます。

    メンテナンスに関しましてですが、
    ウレタン新規交換、カバー張替え済み、
    リバコ社製 NC#127 にて張替えさせて頂きました。

  • Hans J. Wegner JH 501

    ¥448,000

    ハンス・ウェグナー JH501

    数々の名作椅子を世に出したHans J. Wegnerがデザインし、
    自身も無駄が無い、傑作、と称した、椅子の中の椅子と言われる名作です。

    1960年のアメリカ大統領選でジョン・F・ケネディーとリチャード・ニクソンが
    CBSテレビの討論番組で使用されたことでも有名です。

    こちらはその中でも特に希少価値の高い初期のモデルとなっており、
    背もたれに籐が巻かれたタイプと、今では見られない当時の上質なチーク材がベストマッチな逸品となっております。

    初期のモデルはこれまで在庫でありました2脚の他、
    新たにコレクションピースに最適なコンディションのものが4脚入荷致しました。

    下記書籍にも掲載されております。

    ハンス・ウェグナーの椅子100 (コロナ・ブックス) 単行本 ? 2002/10
    掲載ページ : P36,P37,P121

    Casa BRUTUS特別編集 北欧デザインの名作と暮らす (マガジンハウスムック)
    掲載ページ : P27

  • Arne Vodder Sideboard Rosewood A

    ¥950,000

    アルネ・ヴォッダー ローズウッド サイドボード

    美しいローズウッドの木目と、正面のカラフルな抽斗が大変美しいサイドボードです。
    アルネヴォッダーの代表作と言える作品で、大変人気がございます。

    チーク材のタイプもあるのですが、
    ローズウッドを贅沢に使用したこちらはより希少性が高い商品となっております。

    前面の引き戸がローズウッドの突板と、
    イエローパネルのリバーシブル仕様となっており、好みで使い分ける事が可能です。