Showing 1–12 of 330 results

  • Borge Mogensen Model 2257

    ¥79,800

    正面からみると直線的なモーエンセンらしいデザインですが、

    サイドから見ると背もたれの綺麗な曲線が見えるように、
    座り心地もしっかりと考慮されております。

    また、座面、背面のクッションはレザーで繋がる仕様になっており、
    姿勢を変えてもズレにくく、これにより安定した座り心地が約束されております。

    木部簡易メンテナンス済み、生地はリバコ社トラッドにて張替えさせて頂きました。

  • Borge Mogensen Model 2254 with Ottoman

    ¥198,000

    ボーエ・モーエンセン Model 2254 オットマンセット

    正面からみるとモーエンセンらしい直線的なデザインですが、

    サイドから見ると背もたれの綺麗な曲線が見えるように、
    座り心地もしっかりと考慮されております。

    また、フレームにストッパーがついており、
    リクライニングが可能となっており、

    取り外し&高さ調整可能なヘッドレストと合わせてゆったりと寛ぐ事が可能です。

    木部の接合部にもこだわりが見られます。

    座面、背面のクッションはレザーで繋がる仕様になっており、
    姿勢を変えてもズレにくく、これにより安定した座り心地が約束されております。

    Fredericia Stolefabrik社のシールも残っております。

    生地をリバコ社、トラッドにて張替え、木部もメンテナンスさせて頂きました。

  • Louis Vuitton Vintage Trunk

    ASK

    ルイ・ヴィトン ヴィンテージトランク

    人々を魅了してきた絶大なブランド力を誇るLouis Vuitton。
    ブランド力に加え希少価値とデザイン性、
    長期の船旅に用いられてきた耐久性と収納力から
    近年ヴィンテージトランクをインテリアに取り入れる使い方が注目されております。
    弊社でも取扱いを開始しました。

    小さなサイズからワードローブサイズのトランクまで
    多種多様取り揃えております。

    神奈川県相模原市の倉庫にて実物の確認が可能ですので
    お気軽にお問い合わせ頂けましたら幸いです。

  • Arne Jacobsen Vintage Egg Chair with Ottoman

    ¥798,000

    アルネ・ヤコブセン ヴィンテージエッグチェア オットマンセット

    1958年にArne Jacobsenによってデザインされ、
    今でも当時と同じFritz Hansen社から販売されている代表作です。

    こちらのEgg Chairは初期の、通称「Vintage Egg」と呼ばれる
    リクライニング機能が付く前のモデルで、脚部の金具に特徴がございます。

    市場に出てくる事が少ないヴィンテージエッグ、
    かつ、オットマン付きのセットで出ることはなかなか無く、
    同等のコンディション、レザーで揃えられる機会は稀かと思います。

    ご覧頂いたお客様によく驚かれるのですが、
    硬質発泡ポリウレタンで形成されているので非常に軽く、
    1人で持ち上げられるほどです。

    当時の革そのまま、使い込まれた革が非常に良い味となっております。

    一つ残念なのですが、
    クッション部分は良いので座り心地は悪くないのですが、
    過去に取り扱ったヴィンテージエッグにも多く見れらた、
    宿命とも言える内部ウレタンの硬化が見られ、
    座る時に触れない部分等に 押すと硬い場所がございます。

    座り心地はまずまずの状態、
    ただ、新品では出せない 時と共に変化した革の見た目の美しさを優先したく、
    張替えはせず、一度この状態での販売をさせて頂こうと思いました。
    その為、市場価格に比べ、抑えめの価格設定での販売となっております。

    メンテナンス、張替え等々、ご相談は可能ですので
    是非お気軽にお問い合わせ頂けましたら幸いです。

  • Hans J. Wegner Conference Arm Chair(201712)

    ¥74,800

    ハンス・ウェグナー カンファレンスアームチェア

    デイベッドを始めとしたウェグナー作品を多く手掛けた、創業100年以上のマットレスメーカー、
    GETAMA社製で頑丈な作りとなっており、ウェグナー作品の入門にオススメな椅子です。

    大きなダメージもなく、状態は非常に良好なヴィンテージコンディション、
    ウレタンを新しいものに交換し、生地も張替えさせて頂きましたので
    座り心地も非常に良いです。

    生地は黄色がデンマークのガブリエル社製生地、
    青がイタリア製生地となっております。

    ※価格は1脚での価格となっております。

    同等の生地にてアームのないタイプも現在在庫ございます。

  • Hans J. Wegner Conference Chair(201712)

    ¥54,800

    ハンス・ウェグナー カンファレンスチェア

    デイベッドを始めとしたウェグナー作品を多く手掛けた、創業100年以上のマットレスメーカー、
    GETAMA社製で頑丈な作りとなっており、ウェグナー作品の入門にオススメな椅子です。

    大きなダメージもなく、状態は非常に良好なヴィンテージコンディション、
    ウレタンを新しいものに交換し、生地も張替えさせて頂きましたので
    座り心地も非常に良いです。

    生地は黄色がデンマークのガブリエル社製生地、
    青がイタリア製生地となっております。

    ※価格は1脚での価格となっております。

    同等の生地にてアーム付きタイプも現在在庫ございます。

  • Finn Juhl Diplomat Chair Rosewood

    ¥228,000

    フィン・ユール ディプロマットチェア

    1963年のフィン・ユールデザイン。
    ディプロマット(外交官)の椅子、と呼ばれ、
    各国のデンマーク大使館で使われていたようです。

    ディプロマットチェアにはチーク材のタイプも存在しますが、
    こちらは希少なローズウッド材が使われた希少価値の高いタイプになります。

    アームの美しさは流石、

    彼の50年代作品によく見られる真鍮のスペーサーが
    ディプロマットチェアでも用いられており、

    浮いてるような座面と、ローズウッド材の重厚感の対比が美しいです。

    多く流通した作品ではありますが、
    上述のように、随所にこれまでの彼の作品の特徴が散りばめられており、
    Finn Juhl後期の作品という事も相まって感慨深い作品です。

    目立ったダメージなく、状態は非常に良く、
    本革張替え済みで座り心地も良好です。

  • Finn Juhl FD133 Spade Chair (201712)

    ¥498,000

    フィン・ユール FD133 スペードチェア

    フィン・ユールがFrance & Daverkosen社(後のFrance & Son社)と組み、
    機械化による大量生産を目的とした最初のデザインと言われており、
    シンプルに落とし込むにあたってのこだわりが随所に見られます。

    France & Daverkosen社のFinn Juhl作品には座面下フレームに刻印が見られるのですが、
    機械化最初の作品、その中でも初期のもので刻印がない希少なタイプになります。

    木部の状態も良好、現地デンマークからの本革レザーの状態が良好でしたので
    そのままの状態にさせて頂きました。

  • Arne Jacobsen Swan Chair

    ¥298,000

    アルネ・ヤコブセン スワンチェア

    アルネ・ヤコブセンが白鳥に着想を得てデザインしたスワンチェア。
    1958年、自身が設計したSASロイヤルホテルのためにデザインされました。

    生地はKvadrat社 tonicaの美しい緑色にて張替えさせて頂きました。

    Fritz Hansen社製のタグも残し、

    座面裏にはFritz Hansen社製を証明するシールもそのまま残っております。

  • Sold out

    Finn Juhl NV 53(201712)

    ASK

    フィン・ユール NV53

    1953年にデザインされた事から53チェアと呼ばれるNV53。
    動物の角のような、美しい肘が特徴です。

    希少価値の高い、制作当時の名工房 Niels vodder製で、それを証明する刻印も残っております。

    また、お好きな生地にて張り替え可能なNV53、
    残り1点のみ在庫ございます。

    http://moto-furniture.com/product/201611-fj-nv53-t-a/

    生地はKvadrat(クヴァドラ)社、Kjellerup(ケアロップ)社、
    Danish Art Weaving(デニッシュアートウィーヴィング)社といった、
    北欧家具定番の生地の他、日本国内のお求めやすい生地まで多数取り扱っております。
    また、取扱いの無いものでもお探し可能です。

    弊社倉庫にてサンプルをご確認頂く事はもちろん、
    貸出も行っておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

  • Arne Norell Safari Chair Green Leather and Rosewood

    ¥238,000

    アルネ・ノレル シロッコサファリチェア

    1960-1970年代に作られたArne Norellの代表作、シロッコサファリチェア。
    今となっては希少なローズウッドの無垢材を贅沢に使用した作り。
    また、分解し、キャンバス地で包むことで持ち運びが可能とArne Norellの遊び心が詰まった作品です。
    特にグリーンレザーが人気で、市場価格も上がってきております。

    大きなダメージはございませんが、
    画像でご確認出来る通り、レザーに幾つかシミがございます。
    ヴィンテージらしい風合いとなっており、良いコンディションかと思います。

    販売されてるところも幾つかございますが、
    座面裏に麻のメッシュが恐らく破れ、取り外されたのか、
    最初から無かったように見せて販売しているところもございます。
    本来はこちらのように、麻のメッシュがあり、
    こちらは完璧な状態で残っております。

    左後脚にNorell社のシールも剥がさず、残されている状態は非常に稀かと思います。

    近年、見かけることも少なくなってきておりますので
    この機会にご検討頂けましたら幸いです。

  • Philip Arctander Clam Chair Sheep Skin

    ASK

    Philip Arctander Clam Chair

    当初、”Little Petra”チェアと似ていた為、
    デンマークの建築家、Viggo Boesenが作者と思われていましたが、
    そこからMartin Olsen、Philip Arctanderと
    変わり、その度に市場価格が大きく上がった、曰く付きの椅子です。

    本国より取り寄せたシープスキンにて張替えさせて頂きました。

    下記書籍にも掲載されております。

    Casa BRUTUS特別編集 北欧デザインの名作と暮らす (マガジンハウスムック)
    掲載ページ : P47