Showing 1–12 of 340 results

  • Arne Vodder Sideboard Rosewood(201801)

    ¥1,280,000

    アルネ・ヴォッダー ローズウッド サイドボード

    美しいローズウッドの木目と、正面のカラフルな抽斗が大変美しいサイドボードです。
    アルネヴォッダーの代表作と言える作品で、大変人気がございます。

    チーク材のタイプもあるのですが、
    ローズウッドを贅沢に使用したこちらはより希少性が高い商品となっております。

  • Hans J. Wegner Daybed Teak(201701)

    ¥498,000

    ハンス・ウェグナー デイベット

    普段は3~4シータのソファーとして、
    背もたれを持ち上げる事で、簡易ベットとして使うことができ、使い勝手が優れております。
    1950年代、ウェグナーにより、学生寮向けにデザインされたと言われております。

    右側面に一箇所凹み傷が幾つかございますが、

    その他目立った大きなダメージはなく、
    良好なコンディションとなっております。

    こちらは脚が丸い丸脚タイプと呼ばれる初期に生産されたタイプ、
    また、丸脚にはチーク材、オーク材があるのですが、
    こちらは希少価値の高いチーク材のモデルとなっております。

    メンテナンスに関しましてですが、
    内部ウレタン交換済み、
    リバコ社NC #42,#126の生地にてカバー張替え済みとなっておりますので
    快適にお使い頂けます。

  • Pierre Jeanneret Cane Arm Chair (201801)

    ¥880,000

    ピエール・ジャンヌレ オフィスチェア

    建築界の巨匠、ル・コルビジェの都市計画構想の中で、
    唯一実現したのがインドのチャンディーガル。
    個人の邸宅や、家具を主に担当したのが
    彼の縦兄弟、ピエール・ジャンヌレです。

    力強さを感じるフォルムで存在感が抜群の逸品です。

    チャンディーガル計画の為に作られた作品で、
    販売されていたものでは無いため、生産数も非常に少なく、
    今後更なる価格の高騰が予想されております。

    現在の在庫は写真の2脚、価格は1脚での価格となっております。

    また、春頃を目処にピエール・ジャンヌレ作品が数種入荷いたします。
    1月、2月くらいまでのタイミングでお問い合わせ頂ければ
    ベンチタイプのもの等、別のタイプもお探しする事が可能で、
    多数の入荷でバイヤーとの価格交渉が可能となりますので
    通常よりお安くご提供が可能となります。

    お気軽にお問い合わせ下さい。

  • Hans J. Wegner AP-19 Bear Chair Rosewood (201701)

    ¥2,580,000

    ハンス・ウェグナー AP 19 ベアチェアー

    1954年頃、ハンス・ウェグナーによってデザインされたベアチェア。
    両手を広げた熊のような佇まいからベアチェアと呼ばれてます。
    安楽性の高い座り心地から高い評価を得ており、現在も復刻され販売されておりますが、
    こちらは当時のオリジナルとなっております。
    沢山の家具を世に生み出し、椅子を熟知した彼が、最後を過ごした介護施設に
    唯一持ち込んだ椅子としても有名です。

    弊社ではこれまで多数のベアチェアーを取り扱い、
    また、デンマーク現地のギャラリーや、オークションハウスで実際に見て、
    下記のタイプが存在する事を確認しました。

    1.爪:オーク材 脚:オーク材
    2.爪:チーク材 脚:オーク材
    3.爪:チーク材 脚:チーク材
    4.爪:ローズウッド材 脚:ビーチ材

    下に行くほど希少性が高いのですが、
    こちらのベアチェアはその中で最も希少な

    爪:ローズウッド材 脚:ビーチ材

    のタイプとなっております。
    ローズウッド、ビーチ材の組み合わせは稀で
    市場にも滅多に現れず、非常に希少価値の高いベアチェアとなっております。

    また、ベアチェアの座面裏ですが、
    ナンバースタンプ、DANISH CONTROLのメダリオンもございます。

  • Finn Juhl NV45 Teak (201801)

    ¥2,980,000

    フィン・ユール NV45

    1945年にデザインされ、「世界で最も美しい肘をもつ椅子」と評された
    フィン・ユールの代表作、NV-45です。

    現在ではOne Collection社によって復刻されておりますが、
    こちらは名工房、Niels Vodder(ニールス・ヴォッダー)製で
    当時のオリジナル、座面裏にはそれを証明する刻印もしっかりと残っております。

    Niels Vodder製の45が市場に登場する事も年々少なくなり、
    世界的に価格が高騰しており、
    今後この価格帯での入手は非常に困難になると予想しております。

    木部フルメンテナンス済み、
    右側のアーム部分に割れがありましたが、
    熟練した職人により、プロが見てもなかなか分からないレベルまでの
    補修が実現、品質を保つ為ラッカー仕上げに。


    生地はKvadrat Hallingdal65 にて、
    クッションは黄色、グレーの2種類で作成、
    どちらも付属致します。


    NV45は下記書籍にも掲載されております。

    平凡社 (2012/2/10) フィン・ユールの世界―北欧デザインの巨匠 – 織田 憲嗣 著
    掲載ページ : 表紙,P12,P28.P29,P48,P53,P75,P81,P93,P150,P166

    Hatje Cantz Pub (2017/1/24) Watercolors by Finn Juhl – Anne-Louise Sommer 著
    掲載ページ : P32,P33,P109,P112

    新潮社 (2007/03) 名作椅子大全―イラストレーテッド 大型本 – 織田 憲嗣 著
    掲載ページ : P526

  • Hans J. Wegner Heart Chair(201712)

    ¥118,000

    ウェグナー ハートチェア
    三本の脚からなる三角形の座面がハートのように見える事から
    ハートチェアと呼ばれてます。

    ウェグナーは後に幾つか3本脚の椅子をデザインしてますが、
    その原点と言われる椅子です。

    3本脚の理由は、当時のデンマークは石畳が多く、
    平では無い床でも安定した座り心地を考えられての事のようです。

    木部、座面も綺麗に仕上がり、状態は非常に良好です。

    座面裏には希少なFritz Hansen社の当時のロゴシールも残っております。

  • Ilmari Tapiovaara Fanett Stool (201712)

    ¥49,800

    イルマリ・タピオヴァーラ ファネットスツール

    スウェーデンのEDSBY VERKEN社による製作で
    天板はチーク材、脚にはビーチの無垢材を使用し、
    軽い作りとなっております。

    ファネットシリーズは椅子など有名ですが、
    スツールとなると当時は極端に製造数が少なく、市場に出回らなかったそうです。

    座面には腰を下ろすための丸く僅かな凹みがあります。
    スツールとしても、座面にちょっとした小物や本を置いたりしてもインテリアのアクセントになると思います。

    天板の状態も非常に良く、

    Finland、EDSBYVERKEN製を証明する刻印もしっかりと残っており、オススメの逸品です。

  • Hans J. Wegner JH517 Oak

    ¥680,000

    ハンス・ウェグナーJH517

    ウェグナーによって1951年にデザインされたJH517。
    The Chair等、彼の名作の中でもハイクオリティーな作品を多数制作した
    Johannes Hansen社製です。

    後にGETAMA社から販売されたGE240、GE290といった
    イージーチェアの原点とも言える作品で、
    そのディテールは細部まで妥協の無い仕上がりとなっております。


    レザーは良いヴィンテージの風合いとなっておりましたので
    現地デンマークからのものをそのままにしておりますが、
    経年劣化で擦れ、小さいですが切れもございます。

    もちろん、別途張替えも対応可能です。

    Johannes Hansen社製を証明する刻印も残っております。

    現在、ブラックレザータイプの2脚と合わせ、
    計3脚の在庫がございます。

  • Mogens Koch Cabinet (201712)

    ¥498,000

    モーエンスコッホ キャビネット

    1928年、Mogens Kochが自邸で使うために
    上下分割可能、様々な組み合わせで使えるようにとデザインされたと言われており、
    90年近くが過ぎた今では書棚の最高峰として、
    様々なシーンで使われてるのを見かけます。

    現在も復刻販売されておりますが、
    こちらは当時のオリジナル、Rud. Rasmussen社製。
    それを証明するシールも残っております。

    また、こちらの商品は台座が付属しており、

    横に並べる際に台座の上に乗せ、ご利用頂く事も可能です。

    これにより、扉の下に余白がでますので
    下に配置した扉付き棚の開閉の際にストレス無く可能となります。

    台座が付属して手に入る事が非常に珍しく、
    台座そのものにも希少価値がございます。

    Mogens Kochキャビネットは在庫が数セットあり、
    またお問合わせも多い事から積極的に探しております。
    都度在庫が変動しておりますので、お探しでしたらぜひ、
    お気軽にお問い合わせ頂けましたら幸いです。

  • Hans J. Wegner Conference Arm Chair (201712B)

    ¥64,800

    ハンス・ウェグナー カンファレンスアームチェア

    デイベッドを始めとしたウェグナー作品を多く手掛けた、創業100年以上のマットレスメーカー、
    GETAMA社製で頑丈な作りとなっており、ウェグナー作品の入門にオススメな椅子です。

    ウレタン交換、木部メンテナンスをさせて頂き、
    Kvadrat社製 高級生地、tonusにて張替えさせて頂きました。

  • Hans J. Wegner Conference Arm Chair (201712A)

    ¥59,800

    ハンス・ウェグナー カンファレンスアームチェア

    デイベッドを始めとしたウェグナー作品を多く手掛けた、創業100年以上のマットレスメーカー、
    GETAMA社製で頑丈な作りとなっており、ウェグナー作品の入門にオススメな椅子です。

    木部メンテナンスをさせて頂き、
    リバコ社NCにて張替えさせて頂きました。