Showing 1–12 of 590 results

  • Hans J. Wegner GE270 Cane

    ¥498,000

    ハンス・ウェグナー GE270 籐タイプ

    生産時期が短く、数も少ないGE270ですが、
    こちらは更に希少な背面が籐のモデルです。

    上質なチーク材と、籐、真鍮の金具の組み合わせが非常に美しいです。

    サイドからはアームがシャープかつ繊細に見える為、
    座り心地の良さに不思議な錯覚を覚えます。
    座っても、眺めても楽しめる椅子です。

  • Hans J. Wegner GE258 Daybed Beech(201906)

    ¥278,000

    普段は3~4シータのソファーとして、
    背もたれを持ち上げる事で、簡易ベットとして使うことができ、使い勝手が優れております。
    1950年代、ウェグナーにより、学生寮向けにデザインされたと言われております。

    こちらは脚が四角い角脚タイプと呼ばれるタイプです。

    GETAMA社のシールも残っております。

    メンテナンスに関しましてですが、
    NC生地にてカバー張り替え、ウレタン交換済みです。

    天板に落書きと思われる傷がございます。

  • Hans J. Wegner Daybed Oak(201906)

    ASK

    ハンス・ウェグナー デイベット

    普段は3~4シータのソファーとして、
    背もたれを持ち上げる事で、簡易ベットとして使うことができ、使い勝手が優れております。
    1950年代、ウェグナーにより、学生寮向けにデザインされたと言われております。

    大きなダメージはなく、
    良好なコンディションとなっております。

    こちらは脚が丸い丸脚タイプと呼ばれる初期に生産されたタイプ、
    また、丸脚にはチーク材、オーク材があるのですが、
    こちらはオーク材のモデルとなっております。

    メンテナンスに関しましてですが、
    内部ウレタン交換済み、
    リバコ社NC #42,#126の生地にてカバー張替え済みとなっておりますので
    快適にお使い頂けます。

    サイズ : W:196 x D:87 x H:78 x SH:44(cm)

  • Hans J. Wegner GETAMA Cane & Oak Bed Frame

    ASK

    ウェグナー GETAMA ベッドフレーム 籐

    オーク材と籐の色の近い組み合わせが美しいベッドフレームです。

    GETAMA社製、ウェグナーデザインを証明する刻印も残っております。

    状態に関しましてですが、細かな傷等ございますが、大きなダメージも無く、
    良好なヴィンテージコンディションとなっております。

  • Hans J. Wegner GE290 3 Seater Teak Blue Fabrick

    ¥598,000

    ハンス・ウェグナー GE290 3シーターソファー

    1953年にウェグナーによってデザインされたGE290。
    チーク材を使ったこちらのタイプは その中でも更に人気がございます。
    飽きのこないシンプルなデザインと高い安楽性から
    大変人気の高いモデルで、年々海外でも価格が上昇しております。

    木部は現地デンマークから磨いた状態で剥離サンディングなどのメンテナンスを行っておりません。

    クッションも現地から張られているハリンダル65の状態が良くそのまま使用しております。

    クッションシートも現地のものをそのまま使用し、

    手間をかけることなく、その分お安くご提供させて頂きました。

    こちらは3人掛けタイプとなっておりますが、
    他にも2シータタイプ、1シータタイプのローバックタイプ、ハイバックタイプがございます。

  • Hans J. Wegner GE290 3 Seater Oak

    ASK

    ハンス・ウェグナー GE290 3シータ オーク

    1953年にウェグナーによってデザインされたGE290。
    飽きのこないシンプルなデザインと高い安楽性から
    大変人気の高いモデルで、年々市場価格が上昇しております。

    カバー、ウレタンは新規作成してから2年程使用されていた状態で、
    その分お安くご提供させて頂いております。

    別途、新規に張り替えも可能ですのでご希望ございましたらお気軽にお申し付け下さい。

    こちらのタイプは3人掛けタイプとなっておりますが、
    他にも1シータタイプのローバックタイプ、ハイバックタイプがございます。

  • Hans J. Wegner GE290 3 Seater Teak Light Gray Fabrick

    ¥798,000

    ハンス・ウェグナー GE290 3シーターソファー

    1953年にウェグナーによってデザインされたGE290。
    チーク材を使ったこちらのタイプは その中でも更に人気がございます。
    飽きのこないシンプルなデザインと高い安楽性から
    大変人気の高いモデルで、年々海外でも価格が上昇しております。

    メンテナンスに関しましてですが、スプリング内包タイプでウレタンは交換済み、
    カバーはKvadrat社製 Hallingdal65 #368にて張替えさせて頂きました。

    脚に補修痕ございます。

    こちらは3人掛けタイプとなっておりますが、
    他にも2シータタイプ、1シータタイプのローバックタイプ、ハイバックタイプがございます。

  • Hans J. Wegner GE290 High Back Oakwith Ottoman Black Fabric

    ¥428,000

    ハンス・ウェグナー GE290 ハイバックチェア オーク オットマンセット

    1953年にウェグナーによってデザインされたGE290。
    飽きのこないシンプルなデザインと高い安楽性から
    大変人気の高いモデルで、年々市場価格が上昇しております。

    状態に関しましてですが、木部メンテナンス済み、
    ケアロップ社製生地にて新規張り替え済み、
    ウレタンも交換済みです。

    こちらはオットマンがセットとなっておりますが、

    最近では、オットマン単品では市場に出回らず、
    また、出ても本体に近い高額で取引されております。
    後々にオットマンも検討されるようでしたら
    ぜひ、セット購入をオススメいたします。

  • Hans J. Wegner GE290 High Back Teak with Ottoman Light Gray Fabric

    ¥528,000

    ハンス・ウェグナー GE290 ハイバックチェア チーク

    1953年にウェグナーによってデザインされたGE290。
    飽きのこないシンプルなデザインと高い安楽性から
    大変人気の高いモデルで、年々市場価格が上昇しております。

    状態に関しましてですが、木部メンテナンス済み、
    Kvadrat社製 Hallingdal65 #130にて新規張り替え済み、
    ウレタンも交換済みです。

    こちらはオットマンがセットとなっておりますが、

    最近では、オットマン単品では市場に出回らず、
    また、出ても本体に近い高額で取引されております。
    後々にオットマンも検討されるようでしたら
    ぜひ、セット購入をオススメいたします。

  • Grete Jalk 3 Seater Sofa

    ¥398,000

    グレーテヤルク 3シータソファー

    北欧ヴィンテージ家具の代表的な女性デザイナー、
    クレーテヤルクの3シータソファー。

    座面を外したフレーム中央にFrance & Daverkosenのメダリオン、

    両サイドフレームに刻印が残っております。

    状態に関しましては、内部ウレタン交換、生地張替え済み。
    目立った傷、ダメージも無く、良好なコンディションです。

  • Hans J. Wegner GE236 3 Seater Sofa Oak & Denim(201906)

    ¥498,000

    ハンス・ウェグナー GE236 3シータソファー オーク デニム

    ウェグナーによって1954年にデザインされたと言われております。

    1954年と言えば、ベアチェア、ミニベアと言った彼の代表作が生まれた年でもあり、
    一番輝かしい時期の作品と言えます。

    GE290の3シータと見比べ、迷われ、
    背面の美しさに惹かれ、GE236に決められたお客様もおりました。

    先日、岡山に行き、ソファーや椅子の張地として使えそうなデニム生地を見つけ、
    こちらに採用してみました。

    肌触りもよく、季節を問わず、快適にお使い頂けるとともに
    北欧家具同様、使い込む毎に馴染んでくれると思っております。

  • Finn Juhl NV 53 Rosewood

    ASK

    フィン・ユール NV53

    1953年にデザインされた事から53チェアと呼ばれるNV53。
    動物の角のような、美しい肘が特徴です。

    近年入手が難しくなったNV53ですが、こちらはその中でもローズウッド材をフレームに用いた希少なタイプです。

    制作当時の名工房 Niels vodder製で、それを証明する刻印も残っております。

    NV53のRosewoodは1961年のIllumsのカタログでも掲載が確認出来ました。