Showing 1–12 of 37 results

  • Hans J. Wegner GE236 Sofa Dark Oak

    ¥660,000

    ハンス・ウェグナー GE236 3シータソファー

    ウェグナーによって1954年にデザインされたと言われております。

    1954年と言えば、ベアチェア、ミニベアと言った彼の代表作が生まれた年でもあり、
    一番輝かしい時期の作品と言って良いと思います。

    GE290の3シータと見比べ、迷われ、
    背面の美しさに惹かれ、GE236に決められたお客様もおりました。

    リバコNC生地にてカバー張り替えをさせて頂き、
    純正スプリング内包タイプ、内部ウレタン交換を施しておりますので快適にお使い頂けます。

    サイズ W:211 x D:85 x H:79 x SH:41(cm)

  • Borge Mogensen Model 2254 Mahogany

    ¥396,000

    ボーエ・モーエンセン Model 2254

    材質は年々希少になってきているマホガニー材。

    正面からみるとモーエンセンらしい直線的なデザインですが、サイドから見ると背もたれの綺麗な曲線が見えるように座り心地もしっかりと考慮されております。

    また、フレームにストッパーが付いており、リクライニングが可能です。

    通常時

    リクライニング時

    取り外し&高さ調整可能なヘッドレストと合わせてゆったりと寛ぐ事が可能です。

    木部の接合部にもこだわりが見られます。
    座面、背面のクッションはレザーで繋がる仕様になっており、姿勢を変えてもズレにくく、これにより安定した座り心地が約束されております。

    クッションはカバー含めリバコ社製ヘリンボーン生地にて新規作製しておりますので快適にお使い頂けます。

    木部フルメンテナンス済み。

    ※サイズ
    W66.5×D87×H100×SH39cm

  • Borge Mogensen Model 2254 Mahogany

    ASK

    ボーエ・モーエンセン Model 2254

    材質は年々希少になってきているマホガニー材。

    正面からみるとモーエンセンらしい直線的なデザインですが、サイドから見ると背もたれの綺麗な曲線が見えるように座り心地もしっかりと考慮されております。

    また、フレームにストッパーが付いており、リクライニングが可能です。

    通常時

    リクライニング時

    取り外し&高さ調整可能なヘッドレストと合わせてゆったりと寛ぐ事が可能です。

    木部の接合部にもこだわりが見られます。
    座面、背面のクッションはレザーで繋がる仕様になっており、姿勢を変えてもズレにくく、これにより安定した座り心地が約束されております。

    クッションはカバー含めイタリア製生地にて新規作製しておりますので快適にお使い頂けます。

    木部フルメンテナンス済み。

  • Kai Kristiansen NV-31 Chair Oak

    ASK

    カイクリスチャンセン NV-31

    オーク材のフレームとなっております。

    海外製生地にて張替え、内部ウレタンも交換させて頂きました。

    座面下部はオーク突板ではございません。

    弊社HP掲載の商品価格につきまして、全て(税込)表示となっております。

  • Kai Kristiansen NV-31 Chair

    ASK

    カイクリスチャンセン NV-31

    アフロモシア チーク材のフレームとなっております。

    木部フルメンテナンス済み、ケアロップ社製(ハナ・ベデル)デザインのBlans生地にて張替え、内部ウレタンも交換させて頂きました。

    弊社HP掲載の商品価格につきまして、全て(税込)表示となっております。

  • Borge Mogensen Model 2254 with Ottoman

    ASK

    ボーエ・モーエンセン Model 2254 オットマンセット

    材質は年々希少になってきているマホガニー材。

    正面からみるとモーエンセンらしい直線的なデザインですが、サイドから見ると背もたれの綺麗な曲線が見えるように座り心地もしっかりと考慮されております。

    また、フレームにストッパーが付いており、リクライニングが可能です。

    取り外し&高さ調整可能なヘッドレストと合わせてゆったりと寛ぐ事が可能です。

    木部の接合部にもこだわりが見られます。
    座面、背面のクッションはレザーで繋がる仕様になっており、姿勢を変えてもズレにくく、これにより安定した座り心地が約束されております。

    Fredericia Stolefabrik社のシールも残っております。

    クッションは2年前に新規作製され、オフィス使用のみですので大変綺麗な状態です。

    木部もメンテナンス済み。

  • Hans J. Wegner GE236 Sofa Oak

    ASK

    ハンス・ウェグナー GE236 3シータソファー

    ウェグナーによって1954年にデザインされたと言われております。

    1954年と言えば、ベアチェア、ミニベアと言った彼の代表作が生まれた年でもあり、
    一番輝かしい時期の作品と言って良いと思います。

    GE290の3シータと見比べ、迷われ、
    背面の美しさに惹かれ、GE236に決められたお客様もおりました。

    リバコNC生地にてカバー張り替えをさせて頂き、
    純正スプリング内包タイプ、内部ウレタン交換、木部メンテナンスを施しておりますので快適にお使い頂けます。

    脚部に現地からの補修痕がございます。

    通常価格よりお安い値段設定とさせて頂いております。

    サイズ W:211 x D:85 x H:79 x SH:41(cm)

  • Hans J. Wegner GE236 Sofa Oak

    ASK

    ハンス・ウェグナー GE236 3シータソファー

    ウェグナーによって1954年にデザインされたと言われております。

    1954年と言えば、ベアチェア、ミニベアと言った彼の代表作が生まれた年でもあり、
    一番輝かしい時期の作品と言って良いと思います。

    GE290の3シータと見比べ、迷われ、
    背面の美しさに惹かれ、GE236に決められたお客様もおりました。

    リバコNC生地にてカバー張り替えをさせて頂き、
    純正スプリング内包タイプ、内部ウレタン交換、木部フルメンテナンスを施しておりますので快適にお使い頂けます。

    サイズ W:211 x D:85 x H:79 x SH:41(cm)

  • Hans J. Wegner GE19 Daybed Oak

    ASK

    ハンス・ウェグナー GE19 デイベッド

    ウェグナーの1956年頃の作品と言われており、
    こちらも生産数が少なく、なかなか市場にも登場しないレアな作品かと思います。

    背もたれが無いので両サイドから腰掛ける事が可能でソファーとしても、ベッドとしても使用できるので場面を選ばず、様々なシーンで活躍してくれる事と思います。

    サイドのベッド固定に真鍮が使用されており、シンプルながら存在感のある印象です。
    真鍮部分に曲がりがございますが使用する上では問題無く、主観ではそれほど気にならないと思います。
    片側にも本来真鍮部分ございますが欠品しております。

    生地はリバコ社のNCにて張替え、内部ウレタンも交換対応させて頂きましたので
    快適にお使いいただけます。

  • Hans J. Wegner GE236 Sofa Oak

    ASK

    ハンス・ウェグナー GE236 3シータソファー

    ウェグナーによって1954年にデザインされたと言われております。

    1954年と言えば、ベアチェア、ミニベアと言った彼の代表作が生まれた年でもあり、
    一番輝かしい時期の作品と言って良いと思います。

    GE290の3シータと見比べ、迷われ、
    背面の美しさに惹かれ、GE236に決められたお客様もおりました。

    リバコNC生地にてカバー張り替えをさせて頂き、
    純正スプリング内包タイプ、内部ウレタン交換、木部フルメンテナンスを施しておりますので快適にお使い頂けます。

    サイズ W:211 x D:85 x H:79 x SH:41(cm)

  • Hans J. Wegner GE19 Daybed Teak

    ASK

    ハンス・ウェグナー GE19 デイベッド

    ウェグナーの1956年頃の作品と言われており、
    こちらも生産数が少なく、なかなか市場にも登場しないレアな作品かと思います。

    背もたれが無いので両サイドから腰掛ける事が可能でソファーとしても、ベッドとしても使用できるので場面を選ばず、様々なシーンで活躍してくれる事と思います。

    サイドのベッド固定に真鍮が使用されており、シンプルながら存在感のある印象です。
    真鍮部分に曲がりがございますが使用する上では問題無く、主観ではそれほど気にならないと思います。

    こちらはチーク材を使用した希少価値が高いモデルとなっております。

    生地はリバコ社のNCにて張替え、内部ウレタンも交換対応させて頂きましたので
    快適にお使いいただけます。

    クッションはチャック式になり汚れた場合でも交換が可能です。

  • Hans J. Wegner GE236 Sofa Teak

    ASK

    ハンス・ウェグナー GE236 3シータソファー

    ウェグナーによって1954年にデザインされたと言われております。

    1954年と言えば、ベアチェア、ミニベアと言った彼の代表作が生まれた年でもあり、
    一番輝かしい時期の作品と言って良いと思います。

    GE290の3シータと見比べ、迷われ、背面の美しさに惹かれ、GE236に決められたお客様もおりました。

    座面裏前面にGETAMA社製を証明するの刻印が残っております。

    手触りの良いコットンリネン製生地にてカバー張り替えをさせて頂き、
    純正スプリング内包タイプ、内部ウレタン交換、木部フルメンテナンスを施しておりますので快適にお使い頂けます。

    サイズ W:211 x D:85 x H:79 x SH:41(cm)