Showing 1–12 of 61 results

  • Hans J. Wegner GE375 Oak

    ¥990,000

    ハンス・ウェグナー GE375

    1969年頃、ハンス・ウェグナーによってデザインされたと言われております。

    ヘッドレスト接合部を逆転させ、頭の高さを変更が可能。

    肘のアームは広く水平なので、飲み物を置く程度のテーブルとしても使う事ができ、外して複数連結して使用する事が可能です。

    ウェグナーらしい機能美にも溢れたモデルになります。

    クッションは内部ウレタン新規制作、カバー張替え済みになりますので快適にお使い頂けます。

    木部フルメンテナンス済み。

    座面下ベルトも新規張り替え済みです。

    付属連結金具にサビがございます。

    ※サイズ
    W215×D95×H96×SH43 cm

  • Borge Mogensen Model 2258 Oak

    ¥110,000

    ボーエ・モーエンセン Model 2258 ハイバックチェア

    正面からみると直線的なモーエンセンらしいデザイン。
    サイドから見ると背もたれの綺麗な曲線が見えるように、座り心地もしっかりと考慮されております。

    また、座面、背面のクッションはレザーで繋がる仕様になっており、姿勢を変えてもズレにくく、これにより安定した座り心地が約束されております。

    座面、背面、ヘッド部分は現地デンマークからほ状態となります。
    多少汚れ等ございますが、まだまだご使用頂けるコンディションになります。

    別途費用にて張り替えも承ります。

    お気軽にお問合せ下さい。

  • Borge Mogensen Deck Chair Beech

    ¥220,000

    モーエンセン デッキチェア

    ※1脚の価格になります。

    1960年代にモーエンセンによりデザインされたデッキチェア。
    バルコニーにてくつろぐ用設計された傾斜が非常に座りやすく、折りたたんで収納できる仕様です。

    現在はカールハンセン&サンにて、2020年〜復刻生産されておりますが、こちらは1960〜1970年代ごろに制作されたと思われるヴィンテージの個体。

    材質はビーチ材になります。

  • Hans J. Wegner AP19 Bear Chair Oak

    ¥3,300,000

    ハンス・ウェグナー AP 19 ベアチェアー

    1954年頃、ハンス・ウェグナーによってデザインされたベアチェア。

    両手を広げた熊のような佇まいからベアチェアと呼ばれてます。

    安楽性の高い座り心地から高い評価を得ており、現在も復刻され販売されておりますが、
    こちらは当時のオリジナルとなっております。

    沢山の家具を世に生み出し、椅子を熟知した彼が、最後を過ごした介護施設に
    唯一持ち込んだ椅子としても有名です。

    レザーは現地デンマークからの状態そのままですが、新しいレザーでは出ない、少し使い込んだ良い色になっております。

    サイズは本体
    W:90 × D:93 × H:97 × SH:43(cm)

  • Hans J. Wegner GE290 High Back Oak Ottoman Set

    ASK

    ハンス・ウェグナー GE290 ハイバックチェア オーク

    1953年にウェグナーによってデザインされたGE290。

    飽きのこないシンプルなデザインと高い安楽性から大変人気の高いモデルで、年々市場価格が上昇しております。

    状態に関しましてですが、木部フルメンテナンス済み。

    ヴィンテージオリジナルスプリング内包タイプのクッションで、新規張り替えを行いウレタンも交換済みです。

    生地はリバコ社製NCの生地にて張り替えを行いました。

    最近ではオットマン単品では市場に出回らず、後々にオットマンも検討されるようでしたらセット購入をオススメいたします。

    弊社HP掲載の商品価格につきまして、全て税込表示となっております。

  • Hans J. Wegner GE375 Oak

    ASK

    GE375 オーク

    1人掛け用、アームレスタイプになります。
    お持ちの1人掛けと合わせて2シーターや3シーターへも変更可能。

    クッションはウレタン新規作製、カバーはイタリア製コットンリネンのサラッとした生地を使用しております。

    木部メンテナンス済み。
    木部状態は大変良好です。

    こちらの個体は現行型になります。
    座面下の仕様などヴィンテージとは異なります。

  • Borge Mogensen Model 2258 Mahogany

    ASK

    ボーエ・モーエンセン Model 2258 ハイバックチェア

    正面からみると直線的なモーエンセンらしいデザイン。
    サイドから見ると背もたれの綺麗な曲線が見えるように、座り心地もしっかりと考慮されております。

    また、座面、背面のクッションはレザーで繋がる仕様になっており、姿勢を変えてもズレにくく、これにより安定した座り心地が約束されております。

    座面、ヘッド部分はコットンリネン生地にて張替えさせて頂きました。
    ウレタン交換
    木部フルメンテナンス

  • Hans J. Wegner GE290 High Back Oak Ottoman Set

    ASK

    ハンス・ウェグナー GE290 ハイバックチェア オーク

    1953年にウェグナーによってデザインされたGE290。

    飽きのこないシンプルなデザインと高い安楽性から大変人気の高いモデルで、年々市場価格が上昇しております。

    状態に関しましてですが、木部フルメンテナンス済み。

    ヴィンテージオリジナルスプリング内包タイプのクッションで、新規張り替えを行いウレタンも交換済みです。

    生地はリバコ社製NCの生地にて張り替えを行いました。

    最近ではオットマン単品では市場に出回らず、後々にオットマンも検討されるようでしたらセット購入をオススメいたします。

    オットマンには補修箇所などございます。

    弊社HP掲載の商品価格につきまして、全て税込表示となっております。

  • Hans J. Wegner GE375 Oak

    ASK

    GE375 オーク

    1人掛け用、アームレスタイプになります。
    お持ちの1人掛けと合わせて2シーターや3シーターへも変更可能。

    クッションはウレタン新規作製、カバーはサラッとした日本製デニム生地にて作製致しました。

    木部メンテナンス済み。

  • Borge Mogensen Model 2254 Mahogany

    ASK

    ボーエ・モーエンセン Model 2254

    材質は年々希少になってきているマホガニー材。

    正面からみるとモーエンセンらしい直線的なデザインですが、サイドから見ると背もたれの綺麗な曲線が見えるように座り心地もしっかりと考慮されております。

    また、フレームにストッパーが付いており、リクライニングが可能です。

    通常時

    リクライニング時

    取り外し&高さ調整可能なヘッドレストと合わせてゆったりと寛ぐ事が可能です。

    木部の接合部にもこだわりが見られます。
    座面、背面のクッションはレザーで繋がる仕様になっており、姿勢を変えてもズレにくく、これにより安定した座り心地が約束されております。

    クッションはカバー含めリバコ社製ヘリンボーン生地にて新規作製しておりますので快適にお使い頂けます。

    木部フルメンテナンス済み。

    ※サイズ
    W66.5×D87×H100×SH39cm

  • Hans J. Wegner GE290 High Back Oak with Ottoman

    ASK

    ハンス・ウェグナー GE290 ハイバックチェア オーク

    1953年にウェグナーによってデザインされたGE290。

    飽きのこないシンプルなデザインと高い安楽性から大変人気の高いモデルで、年々市場価格が上昇しております。

    状態に関しましてですが、木部フルメンテナンス済み。

    ヴィンテージオリジナルスプリング内包タイプのクッションで、新規張り替えを行いウレタンも交換済みです。

    生地はデンマーク製の生地にて張り替えを行いました。
    サラッとしたフェルトの様な生地感です。

    最近ではオットマン単品では市場に出回らず、後々にオットマンも検討されるようでしたらセット購入をオススメいたします。

    オットマンには木部1本変更箇所がございます。


    弊社HP掲載の商品価格につきまして、全て税込表示となっております。

  • Borge Mogensen Model 2254 Mahogany

    ASK

    ボーエ・モーエンセン Model 2254

    材質は年々希少になってきているマホガニー材。

    正面からみるとモーエンセンらしい直線的なデザインですが、サイドから見ると背もたれの綺麗な曲線が見えるように座り心地もしっかりと考慮されております。

    また、フレームにストッパーが付いており、リクライニングが可能です。

    通常時

    リクライニング時

    取り外し&高さ調整可能なヘッドレストと合わせてゆったりと寛ぐ事が可能です。

    木部の接合部にもこだわりが見られます。
    座面、背面のクッションはレザーで繋がる仕様になっており、姿勢を変えてもズレにくく、これにより安定した座り心地が約束されております。

    クッションはカバー含めイタリア製生地にて新規作製しておりますので快適にお使い頂けます。

    木部フルメンテナンス済み。