Showing 1–12 of 210 results

  • Hans J. Wegner AT-308 Coffee Table

    ¥298,000

    ハンス・ウェグナー AT308

    Andreas Tuck社製のコーヒーテーブルで、
    クロスに交差した脚からX-legテーブルと呼ばれており、
    素材、金具の形状まで随所にWegnerのこだわりが見られます。

    Andreas Tuck社製の刻印も残っております。

    ウェグナー作品の中でもX-legシリーズの作品は非常に人気が高く、
    オススメの逸品です。

    サイズ W:100 x D:60 x H:55(cm)

  • Hans J. Wegner AP-19 Bear Chair Teak & Oak

    ¥1,944,000 ¥1,780,000

    ハンス・ウェグナー AP 19 ベアチェアー

    1954年頃、ハンス・ウェグナーによってデザインされたベアチェア。
    両手を広げた熊のような佇まいからベアチェアと呼ばれてます。
    安楽性の高い座り心地から高い評価を得ており、現在も復刻され販売されておりますが、
    こちらは当時のオリジナルとなっております。
    沢山の家具を世に生み出し、椅子を熟知した彼が、最後を過ごした介護施設に
    唯一持ち込んだ椅子としても有名です。

    短期間ではありますが、展示品として使用させて頂きましたので
    お安く設定させて頂いておりますが、非常に綺麗な状態です。
    座ってもヘッド部分を汚さないように作られた
    同等の生地も付属しております。

    素材に関しましてですが、

    爪:チーク材

    脚:オーク材

    のベアチェアとなっております。

    張替え等のカスタムを弊社にて担当させて頂きました商品となりますので
    別途多種多様な生地から張替えが可能です。
    お気軽にお問い合わせ下さい。

    レザーの座面はオプションで別途98,000円にてご提供可能となっております。

    座面のみのオーダーも受け付けております。
    その他、ご要望等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

    サイズ : W91×D90×H99×SH41(cm)

  • Hans J. Wegner GE270 Cane

    ¥498,000

    ハンス・ウェグナー GE270 籐タイプ

    生産時期が短く、数も少ないGE270ですが、
    こちらは更に希少な背面が籐のモデルです。

    上質なチーク材と、籐、真鍮の金具の組み合わせが非常に美しいです。

    サイドからはアームがシャープかつ繊細に見える為、
    座り心地の良さに不思議な錯覚を覚えます。
    座っても、眺めても楽しめる椅子です。

  • Hans J. Wegner GE290 3 Seater Teak Blue Fabrick

    ¥598,000

    ハンス・ウェグナー GE290 3シーターソファー

    1953年にウェグナーによってデザインされたGE290。
    チーク材を使ったこちらのタイプは その中でも更に人気がございます。
    飽きのこないシンプルなデザインと高い安楽性から
    大変人気の高いモデルで、年々海外でも価格が上昇しております。

    木部は現地デンマークから磨いた状態で剥離サンディングなどのメンテナンスを行っておりません。

    クッションも現地から張られているハリンダル65の状態が良くそのまま使用しております。

    クッションシートも現地のものをそのまま使用し、

    手間をかけることなく、その分お安くご提供させて頂きました。

    こちらは3人掛けタイプとなっておりますが、
    他にも2シータタイプ、1シータタイプのローバックタイプ、ハイバックタイプがございます。

  • Hans J. Wegner GE290 3 Seater Teak Light Gray Fabrick

    ¥798,000

    ハンス・ウェグナー GE290 3シーターソファー

    1953年にウェグナーによってデザインされたGE290。
    チーク材を使ったこちらのタイプは その中でも更に人気がございます。
    飽きのこないシンプルなデザインと高い安楽性から
    大変人気の高いモデルで、年々海外でも価格が上昇しております。

    メンテナンスに関しましてですが、スプリング内包タイプでウレタンは交換済み、
    カバーはKvadrat社製 Hallingdal65 #368にて張替えさせて頂きました。

    脚に補修痕ございます。

    こちらは3人掛けタイプとなっておりますが、
    他にも2シータタイプ、1シータタイプのローバックタイプ、ハイバックタイプがございます。

  • Hans J. Wegner GE290 High Back Teak with Ottoman Light Gray Fabric

    ¥528,000

    ハンス・ウェグナー GE290 ハイバックチェア チーク

    1953年にウェグナーによってデザインされたGE290。
    飽きのこないシンプルなデザインと高い安楽性から
    大変人気の高いモデルで、年々市場価格が上昇しております。

    状態に関しましてですが、木部メンテナンス済み、
    Kvadrat社製 Hallingdal65 #130にて新規張り替え済み、
    ウレタンも交換済みです。

    こちらはオットマンがセットとなっておりますが、

    最近では、オットマン単品では市場に出回らず、
    また、出ても本体に近い高額で取引されております。
    後々にオットマンも検討されるようでしたら
    ぜひ、セット購入をオススメいたします。

  • Grete Jalk 3 Seater Sofa

    ¥398,000

    グレーテヤルク 3シータソファー

    北欧ヴィンテージ家具の代表的な女性デザイナー、
    クレーテヤルクの3シータソファー。

    座面を外したフレーム中央にFrance & Daverkosenのメダリオン、

    両サイドフレームに刻印が残っております。

    状態に関しましては、内部ウレタン交換、生地張替え済み。
    目立った傷、ダメージも無く、良好なコンディションです。

  • Hans J. Wegner Daybed Teak & Cane

    ¥598,000

    ハンス・ウェグナー デイベット

    普段は3~4シータのソファーとして、
    背もたれを持ち上げる事で、簡易ベットとして使うことができ、使い勝手が優れております。
    1950年代、ウェグナーにより、学生寮向けにデザインされたと言われております。

    こちらは脚が丸い丸脚タイプと呼ばれる初期に生産されたタイプ、
    また、丸脚にはチーク材、オーク材があるのですが、
    こちらは希少価値の高いチーク材のモデルとなっております。

    特にこちらの丸脚で背もたれに籐が使われてるタイプは最も初期に作られたものと言われており、
    構造も他のDaybedとは異なる作りが見られます。

    チーク、丸脚は年々状態の良いものから少なくなってきてるように感じてましたが、
    こちらの背もたれ籐タイプは市場では本当に見なくなりました。

    背面にはIllumusで販売されていた事を証明する、通称Illumusプレートがあり、

    調べてみたところ、1961年当時のカタログにもこちらのチーク、籐タイプのDaybedが掲載されてました。

  • Arne Vodder Coffee Table

    ASK

    アルネヴォッダー コーヒーテーブル

    Arne Vodderデザイン、VAMO SONDERBORG社製のなかなか見かけないレアなコーヒーテーブルです。
    1950年代のものと思われます。

    天板のエッジが立ち上がったデザインは

    Arne Vodderの代表作、サイドボードのデザインにも見られ、

    組み合わせて使われると合う思います。

    籐の棚も使い勝手が良さそうです。

    天板裏、籐の影で写真が分かりづらいのですが、
    VAMO SONDERBORG社のスタンプが残っております。

    経年の小さなキズ、凹みが見られますが、

    全体的に良いヴィンテージコンディションです。

  • Hans J. Wegner Johannes Hansen File Cabinet

    ¥980,000

    ハンス・ウェグナー ヨハネスハンセン社製 ファイルキャビネット

    ウェグナー作品の中でも名作の多い Johannes Hansen社製、
    珍しいファイルキャビネットが入荷しました。

    スチールの脚、末端にはチークが使われてます。

    JH社製を証明するメタルプレートも残っております。

    サイズ W:82 × D:48(取手含むと52) × H:95
    抽斗内寸 : W:74 × D:42 × H:4.5(cm)

    同じJH社製、スチール脚を持つJH701との相性も良さそうです。
    今回、こちらと同じチークタイプのJH701も新たに2脚入荷し、
    計4脚在庫ございます。

    セット販売でのお値引きも検討しますので、
    お気軽にお問い合わせ下さい。

  • Hans J. Wegner GE290 High Back Teak with Ottoman(201905)

    ¥528,000

    ハンス・ウェグナー GE290 ハイバックチェア チーク

    1953年にウェグナーによってデザインされたGE290。
    飽きのこないシンプルなデザインと高い安楽性から
    大変人気の高いモデルで、年々市場価格が上昇しております。

    Kvadrat社製 Hallingdal65 にて張り替え済み、
    内部ウレタンも交換済みです。

    こちらはオットマンがセットとなっておりますが、

    最近では、オットマン単品では市場に出回らず、
    また、出ても本体に近い高額で取引されております。
    後々にオットマンも検討されるようでしたら
    ぜひ、セット購入をオススメいたします。

  • Finn Juhl Teak Coffee Table(201904)

    ¥298,000

    フィン・ユール チーク コーヒーテーブル

    Finn JuhlのFrance & Son社製コーヒーテーブル。

    当時、Finn Juhlのデスクには吉田鉄郎氏の日本の建築本が置いてあったそうで、
    日本に影響を受け、幾つかの作品を残してます。

    この作品も鳥居の形にインスパイアされたように感じます。

    このタイプの作品は数種類のサイズ展開で販売されており、
    1961年のIllumsのカタログでも掲載が確認出来ました。

    特にダメージもなく、良好なヴィンテージコンディションです。

    近年、人気の高まりからFinn Juhl作品は市場に少なくなっており、
    状態の良いものは入手困難になってきております。

    サイズ : W:145 x D:53.5 x H:45

    下記書籍でも掲載されております。

    平凡社 (2012/2/10) フィン・ユールの世界―北欧デザインの巨匠 – 織田 憲嗣 著
    掲載ページ : P131 (小さいサイズのタイプ)